レモンジュースは脂肪を燃焼しますか?

栄養士のメリス・デステレチ氏は、私たちが頻繁に消費し、ほとんどすべての人のキッチンで使用されるレモンジュースの利点は数え切れないほどではないと言います。「食べ物は奇跡ではなく、脂肪を燃焼しませんが、一部の食べ物は体に高い効果をもたらす「スーパーフード」。

それらの1つはレモンジュースです。レモンジュースを飲むと全身がアルカリ化し、体のpHレベルのバランスが取れます。そのビタミンC含有量のおかげで、それは私たちの免疫力を強化することによって体への抵抗を提供します。 1レモンのジュースでさえ私たちの毎日のビタミンCの必要量の半分を満たしています。それは心臓血管の健康に対して保護的です。肝臓にやさしく、肝臓の消化酵素を刺激します。含まれている抗酸化物質で癌を予防します」と彼は言いました。

消化のためのソーダレモン

食後の消化器系の問題を解消するために、プレーンミネラルウォーターにレモンスライスを1〜2枚加えることで消化器系を緩和できると説明し、食事療法士のメリスデステレチは次のように述べています。関節の炎症の蓄積である関節炎によって引き起こされます。

ビタミンCの貯蔵庫であるレモンジュースを摂取することは、衰弱、歯茎の出血、歯茎の後退、アスコルビン酸の欠乏を特徴とする、主に高齢者に見られる壊血病の治療に効果的な解決策になります。含まれているビタミンCのおかげで、コラーゲンの生成を刺激し、組織に柔軟性を与え、動脈硬化を防ぎます。

含まれている抗酸化物質のおかげで、血管に蓄積し、鬱血を引き起こし、衰弱を引き起こすフリーラジカルを除去することにより、心臓発作や脳卒中のリスクを軽減します。 「火傷、切り傷、あらゆる種類の皮膚病に効果があり、傷の治癒時間を短縮します。」

筋肉、骨、腎臓に有益

カリフォルニア大学が実施した研究では、「クエン酸塩」を含むレモンジュースは、腎臓へのカルシウムの蓄積を防ぎ、腎臓への過度の負荷を軽減すると結論付けられました。また、骨の健康にもプラスの影響を与えます。スポーツをしている人は、スポーツの後に飲み物に参加したり、サラダに簡単に追加したりして、経験する可能性のある筋肉痛を和らげ、体に失われたビタミンやミネラルを回復することができます。

誰がレモンを食べてはいけませんか?

栄養士のMelisDestereciは、レモンを摂取している間、ある時点で注意することが有益であると述べ、次のように述べています。

「レモンは酸味があるため、胸焼け、潰瘍、逆流症に苦しむ患者には摂取しないでください。利尿作用があるため、体から水分が排出されますので、1日あたりの水分摂取量に注意が必要です。

それで、レモンジュースは脂肪を燃やしますか?

研究者は、個人のビタミンCの消費量と肥満度指数の間には関連性があり、十分なビタミンCを摂取している人には肥満度指数が低いことが見られると述べています。強調する必要があるのは、これです。ビタミンCを含むレモンジュースは、それ自体では痩身や脂肪燃焼効果がありません。

しかし、運動で消費されるビタミンCは、脂肪燃焼代謝を刺激し、脂肪率を低下させる可能性があります。その結果、脂肪を取り除きたいのであれば、単一の食品が解決策ではないため、定期的な運動をライフスタイルにする必要があります。」

最近の投稿