離乳食はあなたが思うほど無実ではありません

教授博士クローバープレート;牛乳タンパク質は子供にアレルギーを発症することが多いと述べ、母乳が十分でない場合に好まれる離乳食のほとんどは牛乳であると彼は指摘します。

共同海損によると、赤ちゃんの母乳育児期間は出生から4か月続きます。この時期、母乳が足りないことや、赤ちゃんが飽き飽きすることもあるという心配から、母親は乳児用調製粉乳になります。母乳に適応したこれらの調製粉乳のほとんどは、実際には子供がアレルギーを発症する牛乳から作られています。簡単に。

牛乳タンパク質はアレルギーを引き起こします

教授博士ヨンカプレート;牛乳は、含まれているタンパク質の種類が原因で、子供にアレルギーを引き起こすことが非常に多い食品であると彼は言います。タバックは、子供たちにこの状況が反映されているのは、アレルギー性湿疹と消化器系の問題であると述べています。

Yonca Tabakは、アレルギー性湿疹は皮膚の乾燥、頬の荒れ、時には赤ちゃんの瘢痕化を引き起こす可能性があると指摘しています。タバックは、アレルギー性湿疹が赤ちゃんに深刻なかゆみを引き起こす可能性があると述べ、赤ちゃんのかゆみによって引き起こされるストレスが夜の睡眠に不安や問題を引き起こす可能性があることを強調し続けています。嘔吐、下痢、さらには隠れた逆流症を引き起こす可能性があります。隠れた逆流症の子供では、再発性気管支炎は嗄声などの不満を伴って現れることがあります。将来、この状況が喘息になるリスクがあります。 「と言います。

母乳の代替品はありません

Yonca Tabakは、赤ちゃんにとって理想的な食べ物は母乳であると述べ、母乳で育てられている間、赤ちゃんに母乳で作られた粉ミルクをできるだけ与えてはならないことを強調しています。

タバックは、母親または父親がアレルギー性疾患の病歴を持っている場合、彼女の子供は潜在的にアレルギーがある可能性があると述べ、授乳中は母親の食事から牛乳を取り除くべきであると示唆する研究があると述べています。

山羊乳と豆乳は代替ではありません

教授博士Yonca Tabakはまた、代替の推奨ミルクについても言及しています。「山羊乳または豆乳は牛乳に似た牛乳です。これらは牛乳アレルギーの代替として使用することはできません。」言う。プレート;アレルギーのある子供では、母乳が不十分で離乳食の補給が義務付けられている家族。彼は彼らが乳タンパク質を含まない特別な食品を好むことを勧めています。

最近の投稿