眼球形成術とは何ですか?

ピンクザクロスペシャル

眼形成手術でよく見られる病気は何ですか?

-新生児期;先天性涙管閉塞が一般的です。 1歳までは、涙嚢のマッサージでこの管が開かれる可能性が高く、開口部がない場合は、1歳以降に手術が検討されます。

-子供たち;眼瞼下垂(垂れ下がったまぶた)が見られます。この状況が視軸を閉じて視力を妨げる場合は、緊急手術で矯正する必要があります。そうしないと、生涯の怠惰な目が発生する可能性があります。

-年齢とともに;皮膚と皮膚の下の組織との結合が弱まり、皮膚がたるみ始めます。カラスの足に似たしわが目の周りに形成され、眉毛が垂れ下がり、まぶたの皮膚、特に下まぶたに筋が発生します。

-より古い年齢で;上まぶたに余分な皮膚があり、下まぶたにたるみやたるみがあります。

-高齢になると、後天性の涙管閉塞と眼瞼下垂(垂れ下がったまぶた)が見られます。その治療法は手術です。

-これとは別に、眼とその周辺の腫瘍および義眼の用途も眼形成手術の関心分野です。

ボトックスについて少し話していただけますか?

-いつもとは逆に、ボトックスをすべきではない場合について言及したいと思いますが、その場合にはいくつかの警告を出します。

-ボツリヌス毒素は、クロストリダムボツリヌスと呼ばれる細菌の分泌物であり、一時的な弛緩と筋肉の麻痺を引き起こします。

1- 特に審美的な目的のための早期の不必要な適用は避けるべきです。ボトックス治療は医師が行う必要があります。

2- 第二に、ボトックスは一時的な治療法であることを知っておく必要があります。その効果は48時間目から見られ始め、1〜2週間で最終的な形になり、6か月目ではほとんど効果がありません。

3- 正しいボトックスの適用では、ボトックスが患者に適用されることを理解すべきではなく、過剰を避け、自然な外観を損なうべきではありません。

4- 私たちの顔の皮膚のしわには2つのタイプがあります。 1つ目は静的なしわです。これらは、私たちの自然な表情に常に存在し、顔の表情を作らないときに存在するしわです。 2番目のタイプのしわは動的なしわです。これらは、私たちが自然な表情ではないジェスチャーをしたときに発生するしわです(私たちが笑ったり、不機嫌になったり、怒ったりするとき)。静的なしわに対するボトックス治療の効果は少なく、動的しわの効果的な治療であることを知っておく必要があります。

ボトックスは主にカラスの足の治療のために顔に適用され、続いて眉毛の持ち上げと額のラインに適用されます。

眼瞼形成術(まぶたの美容整形)について教えてください。

過剰な上まぶたの皮膚と下まぶたのバッグは、人を疲れさせ、不幸にし、年をとらせます。老化の影響で、皮膚の靭帯の緩みと皮膚のたるみの結果として、上まぶたに皮膚の過剰が発生します。上まぶたの皮膚のたるみは、進行した段階で視野を狭める可能性があるため、その段階に達する前に治療する必要があります。長年にわたって生まれてきた、目を取り囲み、目を支える脂肪パッドは、老化の自然な影響と重力の影響によって椎間板ヘルニアになり、下まぶたにバギングが発生します。手術は、上まぶたの皮膚のたるみと下まぶたの袋詰めの唯一の治療法です。患者は、手術後、若くて元気で活気のある外観になります。

目と周囲の腫瘍について話してもらえますか?

それは非常に広い主題であり、良性および悪性である可能性があります。これは生検で何度も理解できます。悪性まぶたの腫瘍はできるだけ早く手術する必要があります。腫瘍が進行しすぎて、眼全体を切除してから義眼を装着する必要がある場合もあります。もちろん、この腫瘍を取り除いた後、取り除いた組織の代わりに、体の別の部分から組織(移植片)またはフラップ(側面組織をスライドさせることによって)を取り除く必要があるかもしれません。腫瘍組織が採取された後に自然な外観を提供することは、目の領域の美学の重要な領域です。

手術の難しさはどうですか、それは麻酔されていますか、術後のプロセスですか?

全身麻酔は子供には、局所麻酔は大人に好まれます。操作には約45分かかります。患者は同じ日に退院します。縫合糸は第1週で削除されます。人によって異なりますが、10日目までは目や周りに打撲傷や腫れがある場合があります。手術1ヶ月目からは皮膚の傷跡が薄くなり、3ヶ月目からはほとんど見えなくなります。

最近の投稿