あなたの消化器系は反抗していますか?

ディララコカク

下痢、便秘、腹部膨満、ガスなどの症状がある場合は、食生活を見直してください。日常生活で頻繁に摂取される食品の中には、体にやさしくないものもあります。

胃腸の不満は、人々を不幸にし、社会生活に影響を与えるほど不安にする可能性があります。あなたも消化が困難な場合は、適切な食品を選ぶことを学びましょう。腸の膨満、ガス、怠惰は、多くの人に共通の問題です。私のクライアントの何人かはこの苦情を持って私に来て、問題を解決するためにどんな方法でも試す準備ができていると言います。社会の重要な部分に関係するこの状況を解決するために、私たちはいくつかの食品を詳しく調べる必要があります。

ミルクと乳製品

牛乳や乳製品に含まれる「乳糖」は消化が難しい場合があります。これらを消費した後にガスと膨満感を経験した場合、乳糖不耐症になります。乳糖の過剰摂取は下痢を引き起こす可能性があります。したがって、乳糖を含まないミルクオルタナティフを選択するか、ヨーグルトとハードチーズを消費する代わりに選択することもできます。

辛い食べ物

吐き気、嘔吐、下痢などの場合、消化器系を刺激する辛くて脂肪の多い食べ物を避ける必要があります。辛い食べ物は、一部の人には悪影響を与えませんが、他の人には深刻な副作用を引き起こします。一般的に、消化器系の問題がある場合は、スパイスや油を使わずに食べるようにしてください。

酸性食品

トマトソースとレモン、オレンジ、グレープフルーツなどの柑橘系の果物は酸性です。特に逆流症に敏感な場合は、すぐに苦情が増えます。

脂肪分の多い食品

脂肪分の多い食品は消化器系を刺激し、下痢を引き起こす可能性があります。この効果は、オイルの種類や便秘/下痢への感受性によって異なります。消化不良の場合は、胃に圧力がかからないように低脂肪食品を選び、日中は栄養を減らして頻繁にするという原則を採用する必要があります。消化を和らげるには、飽和脂肪、赤身の肉、全脂肪チーズを避けておくと便利です。

揚げ物

揚げ物が消化器系に及ぼす影響は、脂肪分の多い食品と似ています。それらはすぐに消化されず、下痢や膨満感を引き起こす可能性があります。多くの揚げ物は食物繊維が少なく、消化に時間がかかります。したがって、便秘や下痢がある場合は、揚げ物を避ける必要があります。

あなたの食事療法を整理しなさい

ディル、クミン、西洋わさび、パセリ、フェンネル、タラゴン、マジョラム、シナモン、ジンジャー、カルダモンなどのハーブやスパイスを使ってみることができます。マメ科植物を消費している間にそれにクミンを加えることは多くの消化を助けそしてあなたのガスの不満を減らすでしょう。食後にフェンネルとアニスティーを飲むことも、消化を和らげ、ガスの苦情を減らすのに役立ちます。

毒性作用

吐き気を感じる場合、最後にすべきことはアルコール飲料を飲むことです。それはあなたを悪化させる可能性があるからです。アルコールは胃に毒性を及ぼし、肝臓の代謝を阻害します。大量に摂取すると消化が困難になるだけでなく、さまざまな問題への道が開かれるので、適度に飲んでください。

カフェは下痢をしている

カフェインは胃腸領域の運動性を刺激し、その過剰摂取は下痢を引き起こす可能性があります。下痢がある場合は、カフェインを避ける必要があります。一部のコーヒー、紅茶、チョコレート、炭酸飲料にはカフェインが含まれているため、胃がリラックスするまでカフェインを制限してください。

最近の投稿