果物を食べるとどのように有益ですか?

果物は、必要以上に消費されると余分なエネルギー摂取を引き起こすため、体重管理に悪影響を与える可能性があります。単純な炭水化物を含む食品だからです。フルクトースと呼ばれる果糖が含まれています。果物を食べすぎると、より多くのカロリーが消費されます。この過剰なカロリーも体重として返されます。したがって、果物の消費では部分管理を考慮する必要があります。人が一日に食べるべき果物の量は、3〜5人前の間で異なります。これを変える要因は、その人の年齢、性別、カロリーに関係しています。この部分の量を1日を通して注意深く分配する必要があります。

子供や成長期では、果物は少なくとも1日3回摂取する必要があります。 1つの部分を示すサンプル量。小さなリンゴ、ナシ、ピーチ1杯、またはチェリー、プラム、イチゴ1カップ。スイカメロンの1つの部分は、三日月形にカットされた1つの薄いスライス、2本の指の厚さの量です。大人は2〜3人前で十分です。私たちの新陳代謝が定期的に機能するために、果物は最初にスナックで消費されることをお勧めします。さらに、カロリーが低く、消費しやすく、入手しやすいです。メインディッシュとして食べても害はありません。食べ物と一緒に摂取しても、脂肪にはなりません。

果物のみの食事は避けてください

それは単調で迷惑です。いつも同じ食べ物に目を向けるのは疲れます。それは栄養素の不足を引き起こします。それは非常に短い時間で過剰な体重減少が達成されても永続的ではありません。それは短時間で体重減少を提供します。すぐに失われました。それは脂肪ではなく除脂肪体重で構成されています。古い食生活が復活すると、減量した体重を維持することができなくなり、体重が増えます。しかし、メインの食事で消費される果物に加えてタンパク質が豊富な食品があるという事実は、果物の消費だけに比べて栄養素が含まれているため、あらゆる点で健康的です。

特に夏に体重を減らすためのよくある間違いの1つは、一日中食べるのではなく、果物を食べることによってカロリーを減らそうとすることです。ただし、1日を通して消費される果物は、私たちが毎日摂取する必要のあるカロリーを満たすのに十分な場合があります。単純な炭水化物の摂取だけでは、体内ですぐに消費されるよりも貯蔵されることを好み、特に脂肪組織の生成につながります。言い換えれば、特に腰囲で脂肪が増加する可能性があります。つまり、減量したいという欲求不満になり、減量のように計量針が下がっていても、脂肪は変わらないのです。

果物の量をうまく調整する必要があります。

果物に含まれる炭水化物の種類は単純なので、より意識的に摂取する必要があります。単糖を含む食品は、血糖値を急激に上げ下げする効果があるからです。この文脈では、果物のグリセミック指数を考慮に入れる必要があります。たとえば、イチジク、バナナ、スイカ、メロン、ブドウは、他のものよりもグリセミック指数が高く、空腹感が早くなります。

リンゴ、ナシ、モモなどの果物は、グリセミック指数が低いものです。グリセミック指数の高い果物の摂取は禁止されていませんが、量を十分に調整する必要があります。果物の健康への積極的な貢献に加えて、消費に関してそのような間違いをしないことが必要です。頻度と量を正しく調整する過程で、体にプラスのメリットがあります。

野菜や果物はできるだけ新鮮に摂取する必要があります。食用キノコの皮を剥がしてはいけません。皮をむく必要がある場合は、できるだけ薄く皮をむく必要があります。多くのビタミンやミネラルは、野菜や果物の外葉、皮、または皮のすぐ下にあり、内側の密度は低くなっています。

最近の投稿