夜の果物の消費は有害である可能性があります

彼が開発した「カラタイダイエット」で知られる教授。博士Canan Efendigil Karatay氏は、消費時間と量が果物を不健康にする可能性があると述べ、「果物の砂糖とあらゆる種類の砂糖は甘い毒です。特に夜遅くに過度に消費してはなりません」と述べました。

Karatayは、果物の消費は意識する必要があると述べました。

Karatay氏は、乳児でも脂肪肝の主な原因の1つはフルーツシュガーであると述べ、健康に問題のある人はフルーツに含まれるフルクトースの量に注意を払う必要があると述べました。

夏に消費されるメロンとスイカに含まれる高レベルの果糖に注目している、教授。カラタイは次のように続けています。「果物の消費量、時間、形は私たちの体にとって健康または不健康になる可能性があります。果物の砂糖とあらゆる種類の砂糖は甘い毒です。特に夜遅くに過度に消費してはいけません。 。

「果物をその繊維で消費する」

果物は食物繊維と一緒に摂取することを提案したカラタイは、次の情報を提供しました。しかし、2〜3個のオレンジまたは4個。-5個のみかんを絞って飲むと、血糖負荷が増加し、繊維が除去されるため、血液にすばやく混ざり、血糖値とインスリンが増加します。

最近の投稿