シェーバーまたはカミソリ?

今日、手入れの行き届いた完璧な外観を実現することも男性にとって重要な問題です。適切な製品を選択することは、望ましい結果を達成するために非常に重要です。間違った製品の選択;埋没毛、切り傷、かみそりのやけど、感染症などの望ましくない結果を引き起こす可能性があります。健康な肌を保つためには、あごひげの構造や肌の構造に適した製品をお勧めします。

かみそり?シェーバー?

乾燥肌、脂性肌、敏感肌のニーズはそれぞれ異なります。時間とお金がひげ剃りの好みを決定します。毎日ゼロシェービングを特徴とするカミソリと、高速で実用的なシェービング用のシェーバーがユーザーに好まれています。シェーバーとカミソリの間の両方の方法の長所と短所についてより意識的なものは、より健康的な選択をすることです。両方のオプションの長所と短所をまとめました。

シェーバーは長期的に節約します

シェーバーはカミソリよりも速く髪を剃ります。薄いまたは厚い、巻き毛または真っ直ぐなあらゆるタイプのあごひげに適用できるシェーバーは、同時に皮膚の上をスライドし、同じポイントを1回通過することで目的の結果を提供します。それらはかみそりより重いですが、それはそのユーザーが電気を利用できるところならどこでも使用できるという利点を提供します。泡、ジェル、石鹸、水を使わずにひげを整えるのに役立つシェーバーは、より実用的な解決策として際立っています。シェーバーを使用すると、あごひげ、顔の毛、口ひげ、もみあげを希望の形に成形できるだけでなく、引っ張ったり、ねじれたり、切り傷を付けたりすることもありません。かみそりほどのシェービング体験を提供しないシェーバーは、かみそりに比べて最初の購入に多額の支払いがあったにもかかわらず、長期間の節約を提供します。

かみそりでウェットまたはフォーミーシェービングを提供します

かみそりは、シェーバーに比べてプロセスが長く、要求が厳しいため、ウェット、ドライ、フォームの使用オプションを提供します。ヘッドを簡単かつ低コストで交換できるかみそりは、シェーバーに比べて長期的にはコスト負担が大きくなります。かみそりは、泡、ジェル、または石鹸でのみ使用できます。ただし、ドライシェービングを提供していないため、使用エリアはバスルームに限定されます。これらすべてに加えて、カミソリよりもカミソリの方が、切り傷、埋没毛、カミソリのやけどの可能性がはるかに高くなります。

DurabladeProと一体となったカミソリとシェーバー

Remington TurkeyのマーケティングマネージャーであるIlgazGülerは、Durablade Proの最高の機能をかみそりとシェーバーと組み合わせて、次のように述べています。「Durablade Proは、デザインがかみそりに似ていますが、機能が異なるハイブリッド製品です。その最も印象的な機能は、新しいスタイリングヘッドのおかげで、あごひげに希望のスタイルを与え、小さなタッチでも簡単に作成できることです。 Durablade Proは、100%防水構造、1、2、4、6 mmのカッティングコームオプション、ワイヤレスデザイン、LED充電インジケーター、高性能と汎用性により、耐久性と汎用性を提供します。 「DurabladeProの長持ちするブレードは、交換する必要がないため、かみそりのようなウェットシェービングやフォームシェービングだけでなく、好みに応じてドライシェービングにも使用できます。」

最近の投稿