アスピリンの高血圧リスク

米国で発表された研究によると、鎮痛剤は特定の用量で服用すると血圧が上昇するリスクがあります。

調査は、平均年齢64.6歳の16,000人の男性を対象に4年間実施されました。被験者は、研究の開始時に血圧を訴えませんでした。研究によると、「タイレノール」として販売されているアセトアミノフェンを週に6〜7回使用した人は、高血圧のリスクが34%増加したことがわかりました。

アスピリンを定期的に飲んだ人は、高血圧のリスクが26%増加しました。

    �

この研究は、「ナプロキセン」や「イブプロフェン」などの非ステロイド性鎮痛剤が高血圧のリスクを38%増加させることを示しました。

ボストンのハーバード大学の専門家が行った調査によると、週に少なくとも15錠の鎮痛薬を服用した男性の高血圧のリスクは、薬を飲まなかった男性と比較して48%増加しました。

    �

専門家は、これらの一般的な鎮痛剤は注意して使用する必要があると指摘しました。

これらの鎮痛薬と女性の高血圧との関連については、以前に2つの研究が発表されています。男性の研究は初めてです。

最近の投稿