バナナとミルクを一緒に飲むのは健康ですか?

バナナとミルクを一緒に摂取することには、いくつかの潜在的な利点があります。バナナもミルクも重要な栄養源が豊富です。たとえば、ミルクはタンパク質、カリウム、ビタミンB群、リンの優れた供給源です。ミルクにはカルシウムも豊富に含まれており、骨の健康、筋肉増強、神経修復などに重要な役割を果たしています。

バナナは繊維、マンガン、カリウム、ビタミンB6に囲まれています。他の果物と同様に、バナナはビタミンCが豊富で、細胞の損傷を防ぎ、抗酸化作用があります。

バナナとミルクを一緒に摂取すると、実際には同時にいくつかのビタミンとミネラルを摂取するのに役立ちます。

運動後の回復を促進します

運動後に何を食べるかは非常に重要です。適切な食品を食べる。筋肉の成長を速め、パフォーマンスを改善し、回復を早めることができます。

たとえば、運動後に十分な量のタンパク質を摂取すると、組織を修復し、筋肉量をサポートするのに役立ちます。

消費された炭水化物は、運動中に筋肉内のグリコーゲン貯蔵を再構築する可能性があります。バナナもこのための素晴らしいオプションです。

特にミルク、ホエイ、カゼインなどの高品質のタンパク質が多く含まれているため、ワークアウト後のスナックとして推奨されることがよくあります。

運動後の最良の結果を得るには、ミルクとバナナをスムージーに組み合わせてみてください。これは、タンパク質と炭水化物の両方の摂取量を増やす簡単な方法です。

悪影響はありますか?

バナナと一緒にミルクを飲むことには利点がありますが、いくつかの欠点もあります。

それは体重増加を引き起こす可能性があります

たとえば、中型のバナナは105カロリーです。

同様に、1カップ(237 mL)の全乳には149カロリーが含まれています。

食事に他の変更を加えずにこれら2つを一緒に摂取すると、時間の経過とともに体重が増加する可能性があります。

互換性がない可能性があります

しかし、バナナとミルクは相容れないと考えられていますが、それらがあなたの健康や消化を害するという主張を裏付ける研究はありません。

最近の投稿