胆嚢の機能は何ですか?胆嚢は体のどこにあり、その特徴は何ですか?

まず第一に、サフランとは何かから始めましょう。肝臓で分泌され、腸にこぼれる分泌物であると説明することができます。それは脂肪と一緒に脂溶性ビタミンの吸収に重要な役割を果たします。毎日最大600ミリリットルの胆汁が肝臓で生成され、胆管を介して十二指腸に注がれます。

胆嚢の機能は何ですか?

胆嚢の役割は、肝臓で生成された胆汁を保存することです。特に空腹の場合、胆汁は胆嚢に蓄積し、ここに濃縮された形で保存されます。消化中、胆嚢は収縮し、体液を腸に排出します。このようにして、脂肪性物質が吸収されます。

したがって、体は蓄積や残留物なしで必要な転送を提供します。胆嚢は、胆汁を蓄え、吸収と排泄を行う上で非常に重要です。したがって、この地域に関連する状況が発生した場合、必要な調査と調査の結果、深刻な状態が発生した場合は、手術が行われます。

胆嚢は体のどこにあり、その特徴は何ですか?

胆嚢は腹部の右上にあります。肝臓の下部に付着しています。その物理的な外観は、小さな洋ナシの形をした器官として際立っています。それは小さなチャネルを介して胆管に接続された構造を持っています。特に、空腹時に胆管から吸引して肝臓で生成された胆汁の一部を蓄えます。同時に、消化中にそれを濃縮して腸に分泌することも、その重要な特徴の1つです。

胆嚢の容量は約50mlです。特に、胆汁を最大10倍に上げると同時に、必要に応じてその量を最大6倍に増やすことができます。食物が胃に入るとともに、収縮して30分以内にほとんどの食物を腸に排出し、1時間以内に再び貯蔵します。したがって、胆嚢は健康の観点から非常に重要です。

最近の投稿