ドーパミンとは何ですか?

科学的にC2H11NO2として表現されるドーパミンは、脳内の神経細胞間のコミュニケーションに関与しています。ドーパミンは、脳の快感の原因です。食べたり、飲んだり、好きなことをしたりすると、脳内にドーパミンが放出され、その結果、再びそれをするように刺激されます。これは最も重要な機能ですが、もちろん他の機能もあります。この化学物質は、幸福ホルモンとしても知られています。それは、移動、学習、集中力の提供など、日常生活で否定できないプロセスを実行する上で主要な役割を果たします。

ドーパミン過剰

ドーパミンは、身体活動にとって非常に重要なホルモンです。不足や過剰になると、さまざまな病気が避けられないほどです。ドーパミン過剰の最も一般的な状態は中毒です。薬物やタバコの使用の結果として激しく分泌されるドーパミンは、体を押して再び行うことを行い、最終的には中毒性になります。過度の喜び、動くときの緊張、幻覚などの症状は、過剰なドーパミンで発生する体の最も顕著な反応です。

ドーパミン欠乏症

ドーパミン欠乏症で最も一般的な病気はパーキンソン病です。この病気の最大の症状は、体のさまざまな部分に見られる動きの震えとこわばりです。振戦に加えて見られる別の症状は、注意力の欠如と集中の困難です。パーキンソン病とは別に、統合失調症とうつ病は、この化学物質が脳に不足しているときに発生する病気の一部です。したがって、体内にドーパミンが不足していると、神経系に大きな害を及ぼすことが観察されています。

ドーパミンブースト法

それで、どうすればそれをやり過ぎずにあなたの体のドーパミンレベルを自然に増やすことができますか?研究によると、運動はこのように最大の助けです。その利点が絶えず言及されている運動も、体内のドーパミン分泌の重要な刺激と見なされています。さらに、健康的な食事、ビタミンCの摂取、日光の利用により、体内のドーパミン比が高まり、幸せな気分になります。

最近の投稿