足が冷える原因は何ですか?

足の冷えにはいくつかの異なる原因があります。時々最も単純な理由は温度の不足です。ジーンズとTシャツを着ていて、足がむき出しの場合は、最初に寒さにさらされる可能性があります。ただし、他にも理由があります。足が冷える理由がわからない場合は、以下の情報をご覧ください。

足が冷える原因は何ですか?

循環不良

これは、足の冷えの最も一般的な原因の1つです。血行が悪いと、足が定期的に冷えます。循環器系の問題は、心臓が体から血液を十分に速く送り出すのに苦労している心臓の状態の結果としても発生する可能性があります。血行不良は、座りがちな生活から座りすぎた結果である可能性があります。一日中テーブルに座っていると、これを体験できます。喫煙はまた、血行不良を引き起こす可能性があります。

貧血

貧血は、赤血球が不足すると発症します。これは、特に貧血の重症例では、足の冷えのもう1つの一般的な原因です。そうでなければ、鉄欠乏性貧血は非常に健康な人でも発生する可能性があります。食事の変更やサプリメントを摂ることで、比較的簡単に治療できます。

甲状腺機能低下症

この状態は、甲状腺が不足していて、十分な甲状腺ホルモンを産生しない場合に発生します。これは体の新陳代謝を妨げます。代謝は心拍数と体温の両方を制御するため、甲状腺機能低下症は循環の低下と足の冷えに寄与する可能性があります。

足の冷えのその他のあまり一般的でない原因は次のとおりです。

末梢血管疾患またはプラークによる動脈の狭窄

血管がけいれんするレイノー現象

神経損傷

高ストレス

高いストレスと不安の状態にあると、足が冷える可能性があります。ストレスや過敏性に対する体の自然な反応の1つは、アドレナリンを血流に送り込むことです。ストレスと緊張を軽減することで、これらの状況での症状を軽減することができます。

糖尿病

血糖値が高いと、動脈が狭くなり、組織への血流が減少し、足が冷たくなることがよくあります。

最近の投稿