眼精疲労には何が良いですか?

なぜ眼精疲労を経験するのですか?

デジタル化の世界では、私たちの生活のあらゆる分野で遭遇するデジタル画面やコンピューターを長い間見ることは、眼精疲労の最も重要な原因の1つです。これとは別に、本を休むことなく長時間読むこと、明るい光に長時間さらされること、冷暖房システムによる乾燥した空気は、眼精疲労の他の原因となる可能性があります。

眼精疲労の症状は何ですか?

倦怠感、目の痛み、目の周りの灼熱感、頭痛、涙目、複視などの症状の1つ以上が発生している場合は、眼精疲労に直面しています。

目の疲れを取り除くために何ができるでしょうか?

長時間画面に表示されていて症状が現れ始めた場合は、まず眼科医に相談してください。定期的に視力検査を受けることが非常に重要です。何の問題もありませんが、おろそかにしないでください。眼精疲労は別の病気が原因である可能性があります。

•目を休める

コンピュータの画面を長時間見つめないようにしてください。仕事で長時間コンピューターで作業する必要がある場合は、定期的に目を休ませてください。机から起き上がって、窓などに焦点を合わせて目をリラックスさせてください。これを習慣にしてください。少なくとも30分に1回は、さまざまな場所に目を向けてください。

•画面の明るさを下げる

画面の明るさが高いほど、目の疲れを感じる可能性が高くなります。コンピュータをできるだけ低輝度で使用するようにしてください。

アイマッサージ

目の疲れを防ぐには、目のマッサージと目の運動が最善の方法です。目の疲れを和らげるために、定期的に目のマッサージや目のエクササイズを行うことができます。指をそっと使って、眉毛とまぶたを約10〜20秒間上に上げます。軽く押して、同じプロセスを目のソケットに適用します。

最近の投稿