抗炎症ハーブで体内の炎症をどのように取り除くことができますか?何が炎症に良いのか、何が乾くのか?これが炎症を取り除く植物です...

体内の赤血球が減少すると、体は炎症を起こしやすくなります。炎症は多くの理由で発生する可能性のある健康問題であり、一般的な原因には、感染症、肺炎、狼瘡、リウマチなどの病気が含まれます。体のさまざまな部分に見られるこの健康問題は、感染に対する体によって作成されたシールドとも呼ばれます。抗炎症ハーブは現在、ほとんどの専門家が推奨する抗炎症法として知られています。抗炎症ハーブとは何ですか、一緒に見てみましょう。

炎症の症状は何ですか?

以下の健康上の問題が頻繁に発生する場合は、感染している可能性があります。正確な診断のために最寄りの医療施設に行くことをお勧めします。

-高熱

-弱点

体の痛み

-拒食症

-アレルギー

-頭痛

筋肉のこわばり

皮膚の発赤とかゆみ

関節の痛み、関節の腫れ

抗炎症ハーブとは何ですか?

ターメリック

インドの食文化の重要な部分であるショウガは、クルクミンと呼ばれる物質による炎症に対して効果的な天然の抗酸化物質です。過去数年間に行われた研究によると、クルクミンと呼ばれる物質が炎症を引き起こすさまざまな分子構造を阻害することが証明されています。ウコンは、関節の炎症、筋肉の捻挫などに使用されます。また、病気の治療にも使用されます。

ターメリックと一緒に使用するには、小さじ1杯のターメリックをコップ1杯の水に混ぜて定期的に摂取する必要があります。別の方法では、小さじ1杯のターメリックと1杯のミルクを混ぜるだけで十分です。混合物が効果的であるために、それは週に数回消費されるべきです。

ショウガ

抗炎症ハーブの1つが生姜です。生姜と呼ばれる抗炎症化合物を含む天然の抗炎症化合物である生姜を使用して、炎症を予防および乾燥させることができます。生姜を定期的に使用することで、関節のリウマチによる痛みを軽減し、腫れを解消します。生姜、根、粉末の形で販売されており、ハーブ専門家から購入できます。どちらの用途にも抗炎症作用があるため、ご希望の製品をお選びいただけます。医師に相談せずに、抗凝血作用のある生姜を服用することはお勧めしません。

ニンニク

ニンニクは、その成分のいくつかのおかげで抗炎症特性を持っている抗炎症製品です。にんにくは、においが気になるので飲みたくないものを、水を錠剤として飲み込んだり、直接摂取する代わりに食事に使用したりできます。にんにくの代わりににんにく油を使用することもでき、抗炎症ハーブの1つとしてにんにくを利用することができます。

オリーブオイル

体に炎症がある場合、最も効果的なハーブ製品の1つはオリーブオイルです。あなたは完全な効果のために純粋なオリーブオイルを選ぶべきです。食事やサラダにオリーブオイルを使用することも、マッサージのために外部で使用することもできます。炎症乾燥機能で注目を集めているオリーブオイルは、砂糖やリウマチなどの病気に対する体の抵抗力を高める製品です。

ほうれん草

テーブルに欠かせないほうれん草には、抗炎症作用のある抗酸化物質とたっぷりのビタミンEが含まれています。ほうれん草のもう一つの成分は、アルファライオンセリック(ALA)と呼ばれる酸です。この酸は、炎症による痛みを和らげる効果があります。ほうれん草の恩恵を受けるために、食べ物を作ったり、水を消費したりすることができます。

クルミ

研究によると、1日に50グラムのクルミを食べる人は、体の炎症の指標であるCRP物質が減少していることが判明しています。 CRP含有量が高いと心臓病を引き起こすため、定期的にクルミを摂取することで心臓病を予防することができます。クルミ3個をコップ1杯の水に入れて一晩中浸し、朝は空腹時にこの水を飲みます。クルミの水は一日中元気を保つのに効果的です。

最近の投稿