0〜30ヶ月の乳児の予防接種表

フォルマンテ誌は、この長い旅の中で両親を導くことができる予防接種テーブルを用意しました。

あなたはあなたの赤ちゃんの誕生とともにワクチンに会います。どのワクチンがどの月に投与され、どの病気から予防するかを学びます。新しくリリースされたワクチンでさえあなたの議題になります。

子供の健康と病気のスペシャリストであるEvrimKırayは、このテーマについて次のように述べています。新生児期には、赤ちゃんは母親がいくつかの病気に対して発達させた免疫の一部を受け取ります。しかし、時間が経つにつれて、この免疫は消えます。したがって、ワクチンは無視されるべきではありません。重要な注意事項:予防接種は赤ちゃんを予防接種を受けた病気から大いに保護しますが、この率は100パーセントではありません。彼らはこれらの病気にかかる可能性があります。しかし、予防接種を受けた赤ちゃんは、予防接種を受けていない赤ちゃんと比較して、病気にかかったとしても、それをわずかに克服します。」

A型肝炎

A型肝炎は感染者の糞便との接触によって感染します。さらに、ウイルスに汚染された水や栄養素も病気を引き起こします。肝臓の炎症を引き起こす可能性があります。通常、乳幼児では無症状で通過しますが、黄疸を引き起こす場合もあります。

ワクチンの形態:脚の上部外側から注射されます。これは、A型肝炎の経験がない2歳以上の子供に6か月ごとに2回投与されます。

B型肝炎

感染した人の中には慢性化して肝不全や肝がんを引き起こすリスクがあります。最も一般的には、血液や性交を通じて感染します。また、非滅菌の手術器具を通過することもできます。 B型肝炎の母親から出産時に赤ちゃんに感染する可能性も高いです。

ワクチンの形態:脚の上部外側に注射されます。これは、1か月間隔で2回、最初の出生時、および3回、最初の投与から6か月後に適用されます。

結核

結核患者が咳やくしゃみをして立ち去るのは、細菌の吸入によって伝染します。この病気は、永続的な呼吸器系の問題、精神遅滞、および障害につながる可能性があります。

ワクチンの形態:左腕が皮膚に注射されます。生後4ヶ月以内に単回投与します。

トリプルコンビネーションワクチン(ジフテリア-百日咳-破傷風)

ジフテリア:呼吸器系の微生物が呼吸を妨げます。

百日咳:呼吸を妨げて咳発作を引き起こす病気は、通常2歳未満の乳児に見られます。

破傷風:土壌に生息する細菌種が体の傷に感染したときに発生します。胚芽;それはその有毒な分泌物で筋肉の収縮を引き起こします。

3つすべてが今日見られることはめったにありませんが、それらが引き起こす可能性のある問題の深刻さから、ワクチン保護が好まれます。

予防接種の種類:赤ちゃんの2か月目から、1〜2か月の間隔で、3回、その後18か月ごとにリマインダー用量で予防接種を受けます。最初の36か月で、それは脚の上部外側部分、および年長の子供の上腕に適用されます。

はしか-風疹-おたふく風邪

麻疹: 皮膚の赤い発疹によって現れる病気。一部の子供では死に至ることさえあります。

風疹: 皮膚のピンク色の斑点によって現れる病気。

おたふく風邪: 耳の下の唾液腺の炎症によって現れる病気。髄膜や組織の炎症、膵臓や精巣の炎症、不妊症などのいくつかの病気につながる可能性があります。

ワクチンの形態:脚の上部外側から注射されます。はしか-風疹-おたふく風邪(MMR)ワクチンは、9か月目にはしかの予防接種を受けた赤ちゃんには、15、5〜6歳、12〜13歳で投与する必要があります。 9か月目にはしかの予防接種を受けていない乳児では、MMR予防接種は12〜13歳、5〜6歳および13歳で行われます。

ポリオ(ポリオ)

この病気は私たちの国で9年前に最後に見られましたが、感染すると永続的な麻痺を引き起こす可能性があり、治療法がないため、ワクチン接種は継続されます。

ワクチンの形態:ワクチンには2つの形態があります。生のものは点滴として経口投与されます。不活化された(生きていない)ものは注射によって投与されます。生後2ヶ月目から1〜2ヶ月ごとに合計3回、18ヶ月目にリマインダーとして投与されます。それは2つのワクチンのうちの1つだけから作ることができます。ただし、不活化ポリオワクチンを接種している人には、我が国で少なくとも1回の生ポリオワクチンの接種を行うことをお勧めします。

水痘

液体で満たされた発疹によって現れる、呼吸器または接触によって伝染する病気。軽度の病気として知られていますが、肺炎や脳炎を引き起こすこともあります。

ワクチンの形態:脚の上部外側から注射として投与されます。水痘にかかったことのない1歳以上のすべての子供に単回投与されます。

HIB

HIB、特に5歳未満の子供。髄膜炎、肺炎、中耳炎などの多くの病気を引き起こす可能性のある細菌。 HIB感染は、6〜11か月の子供にとってより危険です。 0〜5歳の子供に見られる細菌性髄膜炎の最も一般的な原因はHIBです。

ワクチンの形態:脚の上部外側から注射することができます。それは生後2ヶ月で開始することができ、3回の投与は1〜2ヶ月間隔で投与することができます。赤ちゃんが生後18か月になると、リマインダーを作成できます。単回投与は12ヶ月以上の赤ちゃんに適用することができます。

5-in-1ワクチン

(ジフテリア-百日咳-破傷風-ポリオ-HIB)

3-in-1ワクチンでポリオとHIBワクチンを作る代わりに、5-in-1ワクチンを作ることができます。このワクチンでは;百日咳、ジフテリア、破傷風、ポリオ、HIBワクチンは1回の注射器で投与されます。ワクチンは別々に作られていますが、その副作用は変わりません。

ワクチンの形態:それは、筋肉内または皮膚の下で、脚の上部外側部分から適用されます。生後2、4、6、2、3、4ヶ月目に3回接種します。 18ヶ月で追加のリマインダー用量があります。

肺炎球菌

大家族である呼吸器または接触によって感染する可能性のある肺炎球菌。それは主に細菌性髄膜炎、中耳炎、副鼻腔炎などの病気を引き起こします。私たちの国には、肺炎球菌多糖(PPV)と肺炎球菌結合型ワクチン(PVC)の2種類のワクチンがあります。

ワクチンの形態:PVCは生後6週間から9年の間に使用できます。それは子供のリスクグループに関係なく行うことができます。肺炎球菌の予防接種を受けたことがない子供では、6週目から、4か月と6か月と1歳で繰り返されます。

PPVは2歳以降に適用できます。肺炎球菌による病気のリスクをもたらす子供に使用することをお勧めします。リスクが続く場合は、5年ごとに繰り返す必要があります。

ロタウイルス

ロタウイルスは、世界中の子供たちの急性下痢の最も重要な原因です。これは、生後6〜24か月の乳児に最もよく見られます。それは、水、空気、またはウイルスとの接触を介して伝染する可能性があります。

ワクチンの形態:経口投与されます。最初の用量が最初の3ヶ月以内に投与されるという条件で、それは少なくとも1ヶ月間隔で2〜3回の用量で投与されます。

何月、どのワクチン?

出生時:B型肝炎ワクチン

1ヶ月目:B型肝炎ワクチン

2か月目:BCG(結核)ワクチン(3か月目または4か月目に行うことができます)。複合DBT(ジフテリア-百日咳-破傷風)+ポリオ+ HIBワクチン+結合型肺炎球菌ワクチン±ロタウイルス

4か月目:混合+ポリオ+ Hibワクチン+ロタウイルス±結合型肺炎球菌ワクチン

6か月目:複合+ポリオ+ Hibワクチン+ B型肝炎ワクチン±結合型肺炎球菌ワクチン

12か月目:はしか+風疹+おたふく風邪ワクチン

15か月目:水痘±肺炎球菌

18か月目:混合+ポリオ±Hibワクチン

24ヶ月:A型肝炎ワクチン

30ヶ月目:A型肝炎ワクチン

小学校1年生:混合(DT:ジフテリア-破傷風)+ポリオ+はしか-風疹-おたふく風邪ワクチン±水痘

小学校8年生:混合(DT:ジフテリア-破傷風)+はしか-風疹-おたふく風邪±水痘

B型肝炎、複合ワクチン、髄膜炎、結核、はしか-おたふく風邪-おたふく風邪ワクチンは、ヘルスセンター、結核診療所、母子保健家族計画 'MCH / FP)センターで無料で入手できます。

最近の投稿