妊娠3ヶ月目にはどうなりますか?

妊娠3ヶ月目の妊産婦の健康

吐き気はまだ妊娠9週目も続きます。においに対する感受性は、吐き気の原因の1つです。脱力感、倦怠感、めまい、渇望があるかもしれません。同時に、妊婦の乳房には過敏症と肥大が見られます。ホルモンの変化に応じて、突然の気分の変化が見られ、感情的な期間が過ぎます。

膣分泌物と頻尿もこれらの月に一般的です。赤ちゃんは元気になり始めましたが、妊婦はそれを感じることができません。便秘、胸焼け、消化不良の問題についての苦情が増えています。背中や腰の痛みに加えて、けいれんも増加する可能性があります。これらのけいれんを防ぐために、カリウムが豊富な食品を摂取する必要があります。腹部に暗い線ができ始めます。

場合によっては、膣からの出血が発生する可能性があります。軽い限り正常です。妊娠3か月の終わりまでに、吐き気は減少し始めます。

妊娠3ヶ月の赤ちゃん

妊娠3か月目は、赤ちゃんの発育が非常に速い月です。赤ちゃんの腕と脚が発達し始めます。口蓋構造の形成はこの時期に起こります。 12週目までに、赤ちゃんのすべての重要な臓器と組織が形成されました。外性器が発達し始めます。高さは5〜7cm、重さは約15グラムに達します。

外の腸は腹腔に入ります。筋肉が発達し始めた赤ちゃんは、さらに動き始めます。これらの動きはまだ母親には感じられないかもしれませんが、超音波で見ることができます。今月の性別はまだ決まっていません。赤ちゃんの味覚や触覚は発達しますが、神経細胞も急速に発達します。

妊娠3ヶ月目の栄養

妊娠中の不十分でバランスの取れていない栄養は、母親と赤ちゃんの健康に危険をもたらす状況です。したがって、妊娠中の母親は正しく定期的に食事をとる必要があります。

妊娠中の母親はこの期間中にオメガ3を含む食品を摂取する必要があるため、魚を食べることをお勧めします。同時に、赤ちゃんの脳の発達はこの過程で継続します。魚に加えて、クルミの摂取もお勧めします。カルシウムを含むミルク、ヨーグルト、チーズなどの乳製品を摂取する必要があります。タンパク質の摂取量に注意を払うことが重要です。母親は妊娠中にたくさんの水を飲むべきであり、長い間空腹にならないようにする必要があります。

妊娠中の母親は、妊娠中に医師の監督の下で軽い運動をすることができます。

最近の投稿