ハンドカットはどうですか?

事故の結果、切り取られた皮膚が開いたときに発生する状態です。通常、切り傷は私たちが私たちの体の中で最も使用する領域である手に発生する可能性があります。ハンドカットの治療には、可能な限り注意深く細心の注意を払う必要があります。そうしないと、不適切な介入の結果として深刻な感染症が発生する可能性があります。

外部の皮膚の損傷によってのみ引き起こされる切り傷だけでなく、より深く皮下の切り傷も発生する可能性があります。切開が非常に深刻で、皮膚が開きすぎる場合は、介入する前に医療機関に相談する必要があります。

ハンドカットはどうですか?

自宅で、または何らかの行動の結果としてハンドカットが発生した場合は、自宅で応急処置を行うことができます。ただし、ハンドカットの応急処置を行う前に、切開の深さを確認し、それに応じて方法を決定する必要があります。手の切開が深い場合は、介入する前に医療機関に相談することをお勧めします。

手持ちのカットはどうですか、応急処置はどうあるべきですか?

まず第一に、切り傷の傷を正しく洗浄することは、傷のケアにおいて取られるべき最も重要な予防策です。

まず、傷口周辺を石鹸と水で洗います。この領域の乾燥血液は、希釈した酸素化水で洗浄されます。

次に、滅菌水を高圧で創傷に噴霧します。このプロセスは、細菌が傷を汚染するのを防ぐのに非常に役立ちます。

切り傷の出血を止めるために何をすべきですか?

切り傷の出血を止めるために、最初に滅菌布で傷口に直接圧力をかける必要があります。その後、出血の重症度に応じて、医師または自宅で応急処置を行うことができます。

ハンドカットで傷はどのようにきれいにされますか?

ハンドカットでの感染のリスクを減らすために、傷口をきれいにすることが不可欠です。きれいなピンセットの助けを借りて、カット内の異物を取り除くことができます。ただし、ピンセットが開いた傷に触れないように注意する必要があります。

たっぷりの水でたっぷりと洗ってください。そして、傷がきれいになっていることを確認してください。

カットでは、アルコールを含む物質は使用しないでください。

手の切り口で継続的な出血が発生し、出血を止めるのが難しい場合は、心臓の高さで手を握って出血を止めることにより、最寄りの医療機関に緊急に連絡する必要があります。

カットの場合は何を考慮すべきですか?

出血が重大な失血を引き起こすほど大きくない場合は、止血帯を適用しないでください。代わりに、カットに圧力をかけて血液を止めてみてください。

切り傷に軟膏や粉末などを塗ったり、汚れた布を切ったりしないでください。これらは壊疽、破傷風、敗血症などの治療が非常に困難な状態につながる可能性があることに注意してください。

止血帯はどのようにカットに適用する必要がありますか?

これは、心臓から静脈を介して送り出された血液が出血場所に到達するのを防ぐために適用された静脈を圧迫するプロセスです。

止血帯が適用される手と足、指は覆われていないままになります。指は常に制御されています。あざ、しびれ、うずきなどの状況が指に発生した場合、壊疽を引き起こすことなく止血帯はすぐに解決されます。

あざ、しびれ、うずきなどの上記の状態が観察されない場合でも、止血帯は15〜20分ごとに溶解します。 3〜5分待ってから再度塗布します。このプロセスは、出血を経験している人が医療機関に届けられるまで繰り返されます。

切り傷や怪我の応急処置を行う方法は?

最近の投稿