パグ犬の特徴は何ですか?子犬のパグの品種に関する情報

鼻が平らで足が短いパグ犬は、一般的に観賞用の犬として飼育されています。しかし、一部の国では、視力が高度に発達しているため、番犬として訓練されています。足のように毛皮が短いパグ犬種は、我が国で最も人気のある犬種のひとつです。

パグ犬の特徴は何ですか?

パグ犬は小屋や騒音が少ないので、アパートでも手入れが簡単です。子犬を養子にする人々が注意を払うべき最も重要なことは彼らの栄養と活動プログラムです。この品種の犬は定期的に運動する必要があります。そうしないと、健康上の問題が幼い頃に発生する可能性があります。

それらは一般的に敏感な構造を持っています。専門家によると、パグ犬に水道水を与えると、腸の感染症や胃の不調を引き起こす可能性があります。彼らは夏だけでなく冬にもたくさんの水を消費します。このため、水容器は定期的に点検する必要があります。考慮すべきもう一つの重要なポイントは、パグ犬の給餌です。他の多くの犬種のように、彼らは飼い主の食べ物を味わいたいと思うかもしれません。家庭料理から頻繁に与えられる場合、パグ犬は彼らの前に置かれた食物を食べないかもしれません。甘い食べ物は犬を盲目にするので、絶対に与えたり、真ん中に置いたりしないでください。

パグ犬のキャラクターのプロパティ

飼い主との感情的な絆を非常に簡単かつ迅速に確立するパグ犬は、遊んだり寝たりするのがとても好きです。彼らは1日10〜12時間眠ることができます。夏には、この数字は最大13〜14時間になる可能性があります。飼い主が自分の面倒を見てくれないと、圧倒されて短期間のうつ病に苦しむ可能性があります。非常に繊細で感情的な構造を持つパグ犬種の犬は、遊んでいるときだけいたずらです。それとは別に、彼らは従順でフレンドリーな構造を持っているので、飼うのが最も簡単な犬種の1つです。

彼らの最もよく知られている特徴のもう一つは、彼らが頑固であるということです。彼らは、特に冬の間、外出しないために頑固に振る舞うかもしれません。その理由は、彼らは寒さが嫌いで、体温が低いからです。パグ犬が健康に成長するためには、少なくとも週に一度は散歩に連れて行くと便利です。冬の外出時には、犬専用の帽子やスカーフなどのアクセサリーが使えます。

パグ犬の身体的特徴

パグ犬の身体的特徴は、オスとメスによって異なります。男性は身長30cmから38cmまで成長することができます。女性は男性より短いです。 (35〜30cm)食べ過ぎても新陳代謝が速いので太りません。男性と女性で最大9キロの体重があります。飼い主は通常、健康を守るために犬に缶詰を与える必要があります。体重が増えないために食べ過ぎているパグ犬の内臓には、さまざまな病気が発生する可能性があります。

海外ではカーリンとしても知られているこれらの犬は、高度に発達した脚を持っています。彼らは非常に速く走ることができます。しかし、彼らは泳ぎが上手ではありません。うまく泳げないのは、前腕が短いからです。パグ犬は、特に2歳を過ぎると、たくさんの小屋を脱ぎ始めます。髪は週に1、2回とかす必要があります。

最近の投稿