お茶は私たちが朝食から夕食まで頻繁に飲む飲み物です。ほとんどすべての人にアピールするお茶は、過度の飲酒の場合に害を及ぼす可能性があります。そのため、お茶の過剰摂取による被害を調査しました。お茶の被害はこちらです。

専門家によると、彼は、過度のお茶の摂取は、吐き気、頭痛、神経障害、動悸、手の震え、鉄欠乏、貧血、不眠症などの多くの問題を引き起こすと説明しました。これらの問題とは別に、お茶による被害について説明します。

お茶の害は何ですか?

下痢

お茶に含まれるカフェインが1日量を超えると、消化器系を刺激し、下痢を引き起こします。さらに、お茶は体の中枢神経系に影響を及ぼし、出来事に直面して人を緊張させます。

便秘

意外なことですが、お茶に含まれるタンニンという物質が体内に蓄えられています。お茶を飲みすぎると、タンニン物質が体内に浸透しすぎて便秘になります。

胃の不快感

お茶にはカフェインが含まれています。カフェインが胃に到達すると、胃の中でさまざまな酸性物質を生成します。酸性物質が体が吸収できる量を超えると、胃は不安で不快に感じます。潰瘍、胃炎、胃がんなどの病気がある場合は、お茶を避けてください。

不眠症

お茶の過剰摂取は、カフェイン含有量のために不眠症を引き起こします。それは人を肉体的および精神的に刺激し、不眠症を引き起こします。不眠症は睡眠パターンの問題を引き起こします。専門家によると、健康と健康を維持するためには、お茶の摂取量を減らす必要があります。

月経前症候群

お茶の過剰摂取は、女性に月経前症候群、すなわち月経前緊張症候群を引き起こします。月経前症候群には、心理的鬱病、緊張、神経過敏、極度の倦怠感、感作などの症状があります。

腎臓病

お茶の摂取は腎臓病の主な原因の1つです。カフェインによって生成された刺激は人に害を及ぼします。お茶に含まれるシュウ酸塩は腎臓結石を引き起こします。

尿の問題

お茶を飲みすぎると、頻尿が必要になります。カフェインは人の膀胱に圧力をかけ、膀胱を取り巻く筋肉を活性化し、人の排尿の必要性を高めます。

食道がん

非常に熱いものを飲むと、この飲み物は食道を通過するときに運河に損傷を与えます。この状況は、食道がんの原因の中に示されています。お茶を温かくではなく温かく飲むと、食道がんのリスクが軽減されます。

浮腫と膨満感を引き起こします

お茶を4杯以上飲み、1日2リットル未満の水を飲むと、浮腫や腫れのリスクがあなたを待っています。絶え間ない体重変化を経験している場合、原因はお茶の過剰摂取による浮腫です。

インスリン抵抗性を高める

インスリン抵抗性は、肝臓と膵臓が適切に機能していないことを示しています。肝臓病やインスリン抵抗性がある場合は、お茶の摂取量を減らしてください。

それは体を乾燥させます

お茶を飲む人は、体に水分が必要だとはあまり感じていません。しかし、お茶は体の水分必要量を満たしていないため、体内の水分を引き出します。

歯を黄色くする

お茶は歯の黄変やしみの原因になります。この問題を解消するために、お茶を飲んだ後、コップ1杯の水でうがいをすることができます。

妊娠を困難にします

カフェインが含まれているため、お茶は妊娠したい人は避けるべき飲み物です。妊娠中および授乳中は注意して摂取する必要があります。

最近の投稿