ハーブティーは流産を引き起こします

冬季に多く消費されるハーブティーは、妊婦の流産や早産の原因となることが報告されています。 İHAレポーター、婦人科およびIVFスペシャリスト協会と話す。博士HakanÇoksüerは、ハーブティーの消費量が今日非常に増加していると言いました。ハーブティーは健康に非常に有益であるため、ブラッククラシカルティーの代わりとしてより好まれると述べています、Assoc。博士Çoksüerは、特に寒い気候では、風邪の消費量がさらに増加し​​たと述べました。

協会博士「しかし、いくつかのハーブティーは、特定の状況で有害な影響とその利点を示す可能性があります。ハーブティーは、頭痛からうつ病まで、ほぼすべての健康問題で消費されることが知られています。しかし、研究によると、妊娠中にハーブティーを飲むことは無実ではありません。

多くの妊婦は知らないうちに無意識のうちにハーブティーを飲んでいます。ただし、妊娠中は、妊娠中の母親は自分が摂取する食品に注意し、選択的に行動する必要があります。すべてのハーブティーを飲む必要はなく、ハーブティーの成分を知っておく必要があります。そうでなければ、ハーブティーの成分が赤ちゃんに害を及ぼす可能性があります」と彼は言いました。

「ハーブティーは女性の精神を高めます」

ハーブティーを頻繁に摂取すると、流産のリスク、妊娠中の出血や子宮収縮のリスクが高まり、早産のリスクが高まると述べています。博士Çoksüerは次のステートメントを使用しました。

「妊娠中の女性は、葉酸レベルに悪影響を与える可能性があることがわかっているため、緑茶の摂取を避けることをお勧めします。

繰り返しになりますが、授乳中の女性の場合、赤ちゃんの睡眠パターンに含まれるカフェインの量が乱れる可能性があることが示唆されており、緑茶を過剰に摂取しないことをお勧めします。妊娠中の女性は、特に妊娠の最初の学期では、非常に注意する必要があります。最初の学期は流産の脅威が高い時期です。妊娠中の母親は、ハーブティーの使用について必ず医師に相談する必要があります。妊娠は非常に危険なプロセスです。したがって、妊婦はランダムに飲んだハーブティーを飲むべきではありません。摂取するハーブティーの成分を知り、適切な投与量で摂取する必要があります。

特に、流産の脅威にさらされることが多い女性は、消費するハーブティーやハーブティーに注意を払う必要があります。一部のハーブティーは子宮収縮を引き起こし、流産の脅威を高めます。重要なことは、用量を調整し、過度に消費しないことです。タイム、サフラン、イラクサ、クミン、シナモン、センナなどの植物やお茶は妊娠中に摂取しないでください。

妊娠中のカルシウムバランスを維持するには、ミルクをたくさん飲む必要があります。また、ジュースと1日2.5リットルの水は必須です。あなたがそれをとても好きで、緑茶をあきらめることができないならば、あなたは1日1杯以上を消費するべきではありません。妊娠中にハーブティーを無実と見なす代わりに、ハーブティーを使用する前に医師に相談する必要があります。

最近の投稿