妊娠スポットの自然療法

最も一般的に見られるのは、顔の頬、上唇、額、首、胸の正中線、前腕の外側の側面です。主な要因は、女性ホルモンのエストロゲン、プロゲステロン、太陽です。妊娠中の女性ホルモンの増加に伴い、日光にさらされていない領域の皮膚は自然に暗くなります。

ただし、日光に当たる場所とは異なり、日光に当たる場所で発生する斑点は妊娠後も改善されません。妊娠中の汚れを落とすために、日光に出てはいけません。日光は皮膚の色素沈着を増加させ、永続的な妊娠スポットを引き起こす可能性があります。白い肌と金髪の女性は、妊娠スポットを発症する可能性が高くなります。

妊娠マスクと呼ばれていますが、肝斑は妊婦だけに見られる問題ではありません。日焼け止め成分を含む化粧品の使用は、経口避妊薬を使用する人にとって同様の問題を引き起こす可能性があります。時々、上唇にワックスをかけた後にスポッティングが始まるかもしれません。

妊娠スポットが形成された後の一般的な経過は、冬の太陽の影響が減少し、夏の初めに存在するスポットが暗くなり、形成されると、スポットの色が明るくなることです。新しいエリアのスポットの。

化粧品として、多くの女性がさまざまな治療法を使用していることを私たちは知っています。これらの方法は、漂白クリーム、自然に調製された混合物、日焼け止めクリーム、ケミカルピーリング、皮膚剥離、レーザー治療の使用としてリストすることができます。しかし、これらの技術のほとんどは、汚れの一時的な改善を引き起こします。後で保護を継続しないと、汚れが再び暗くなります。

一方、3か月のメイン治療コースをお勧めします。このコースは、妊娠スポットでの10時間のマスクから始まり、クリームと経口薬でサポートされ、その後、保護療法を伴う1年間の治療プロトコルが続きます。少なくとも9ヶ月。場合によっては、3ヶ月の治療に加えて、床の汚れにレーザー治療を適用することもあります。このプロトコルを使用すると、ケースのスポットの約85〜90%を除去または制御することができます。

寄木細工の水マスク

パセリジュースとレモンジュースを等量混合し、妊娠中の染みのある部分に塗ります。その後、15分待ってから温水ですすいでください。パセリの水が肌のシミやシワに影響を与えることは古くから知られています。

最近の投稿