レモン水を飲むことのなじみのない害

朝、室温のコップ一杯の水でレモンの半分のジュースを飲むことは、頻繁な健康アドバイスです。このアプリケーションは、体にエネルギーを与え、ビタミンC、カリウム、繊維を提供します。また、肝臓を強化します。特にデトックスプログラムやダイエット中に肝臓を浄化するときは、満腹感を与えるためにレモン水を摂取することをお勧めします。

ただし、すべての場合と同様に、この飲料を飲みすぎると副作用があります。したがって、毎日の習慣にする前に医師に相談することは、レモン水を飲むことの害があなたにどの程度影響するかを理解するのに役立ちます。

レモンは非常に酸性であるため、レモン水は酸性飲料です。酸性の食べ物を食べすぎたり飲んだりすると、歯が酸に触れすぎる可能性があります。これはエナメル質を侵食し、歯、特に非常に熱い食べ物や冷たい食べ物に敏感になります。

あなたはあなたの歯を保護するためにストローでレモンジュースを飲むことができます。歯のエナメル質がすでに摩耗していて敏感になっている場合は、歯科医がこの問題の解決についてアドバイスすることができます。

レモン水を飲みすぎると胸焼けを引き起こしたり、胸焼けを悪化させたりする可能性があります。胸焼けは、食道と胃の間にある下部食道括約筋が適切に機能しない場合に発生します。

胃の中の酸が食道に上昇し、この状態は逆流症と呼ばれます。胸焼けはしばしば酸逆流症とも呼ばれます。胸焼けは胸部に痛みと灼熱感を引き起こします。酸性の食べ物や飲み物の消費を減らすことで、胸焼けの症状を改善し、予防することができます。

まれですが、レモン水を飲みすぎることによる害の1つは、利尿作用です。レモンにはビタミンC、アスコルビン酸が多く含まれています。この栄養素は利尿作用があり、腎臓での尿の生成を増加させます。つまり、過剰な水分とナトリウムが体内でより速く排泄されます。

一般的に、水に加えるレモンジュースが正常なレベルであれば、この不満は見られませんが、レモン水を飲んだ後にたくさん排尿し、結果として体が脱水状態になっていると感じた場合は、作ることを試みることができますレモンの少ない混合物。

パニック発作と心臓発作の違いは何ですか?

健康即時

最近の投稿