妊娠中に何を食べて避けるべきですか?

弱いまたは太りすぎの母親はどのように養われるべきですか?

妊娠中の母親は皆、栄養に注意を払う必要があります。妊娠するときに遭遇する困難は、人によって異なります。朝食から一日を始めることが不可欠です。食事の頻度を減らすのが原則です。全粒穀物製品はビタミンBが豊富であるため、毎日の食事に含める必要があります。おやつは間違いなく行われるべきです。

卵は毎日1個ずつ与えられるべきです。毎日のタンパク質の必要量は、適切でバランスの取れた栄養で満たすことができます。タンパク質要件の60%は、生物学的価値の高いタンパク質から満たす必要があります。動物由来のタンパク質は、より高い生物学的価値を持っています。 (卵、肉、鶏肉、魚)赤ちゃんが成長するためには、妊娠中に平均950グラムのタンパク質を保存する必要があります。

過去6か月で赤ちゃんの成長が加速するにつれて、タンパク質の必要量も増加します。この増加は約30%であり、5g /日のタンパク質が母親から引き抜かれます。鉄欠乏は体重を減らすことなく妊婦に現れる可能性があります。吸収を高めるために赤身の肉やマメ科植物に加えてビタミンCを摂取する必要があります。塩と砂糖は浮腫の問題を回避するために回避されました。

どの飲み物を避けるべきですか?

特にアルコールやカフェインを含む飲料や人工甘味料を含む飲料は避けてください。既製のジュースを飲まないでください。甘くなりすぎたインスタントジュースの代わりに、自分のフルーツジュースを絞ります。ハーブティーを飲むときは注意してください。特に賢人は避けてください。リンデンとフェンネル以外のハーブティーはあまり飲まないでください。出所がわからない公売の混合物やハーブティーは飲まないでください。タンデルに問題がある場合は、ミネラルウォーターとソーダの消費量に注意してください。

妊娠中に生のミートボールを食べることはできますか?

残念ながら、妊婦が知っているように、妊婦のために生のミートボールを食べることは禁じられています。妊娠中は、肝臓全体や加熱が不十分な肉、鶏肉、魚の摂取は好ましくありません。感染のリスクがあるため、妊娠中は摂取しないでください。

吐き気のために何を食べるべきですか?

ショウガ: 生姜は、乗り物酔いやつわりなど、さまざまな理由で見られる吐き気に効果があります。吐き気を和らげるために、毎日2〜3杯のジンジャーティーを飲むことができます。お茶の準備には、粉末生姜の代わりに新鮮な生姜スライスを使用することをお勧めします。

消化しやすい食品: 胃が吐き気を催すときは、タンパク質や脂肪を多く含む比較的消化しにくい食品の代わりに、塩味のクラッカーなどのスナックを食べることができます。味や匂いがあまり強くないクラッカーは、吐き気を抑えることができます。

レモン: 一部の女性は妊娠中の吐き気にレモンを使用します。レモンの酸味、または時には匂いだけでも、吐き気を和らげるのに役立ちます。より効果的な解決策として、レモンの半分のジュースを準備したジンジャーティーに絞ることができます。

胃を空にしないでください: 空腹は吐き気の増加を引き起こす可能性があります。このために、あなたはあなたの胃を保つであろう軽くて、そしてあまり強い匂いと味を持たない食物を消費することができます。パン粉を食べて胃液を吸収し、胃を満たすことができます。

それ: 脱水症状は、吐き気を悪化させるもう1つの要因です。特に吐き気の日には、飲む水の量に注意してください。カフェイン入り飲料やエナジードリンクは飲まないでください。突然ではなくゆっくりと水を飲み、水が冷たすぎないことを確認してください。脱水症状が原因で吐き気が生じた場合は、カリウムが豊富なバナナを食べて、失ったミネラルをより早く水に置き換えることができます。

ミント: 吐き気が悪化した場合は、ミントの葉を1〜2枚噛むか、ミントティーを飲むとよいでしょう。ペパーミントは、胃をリラックスさせることにより、吐き気が短時間で通過するのを助けます。ただし、胸焼けの訴えがある場合は、ミントを食べると胸焼けが増える可能性があります。

林檎: リンゴはその繊維構造により、体から吐き気を引き起こす毒素の除去を促進します。もちろん、一度に2〜3個のリンゴを食べると、吐き気が悪化する可能性があります。リンゴ1個をスライスしてゆっくり食べます。一握りのヘーゼルナッツまたはアーモンドまたはひよこ豆は、吐き気の良い解決策になる可能性があります。

最近の投稿