インフルエンザと風邪薬「母乳」

冬の間に鼻水や咳の訴えが始まると、最初に頭に浮かぶ病気は風邪やインフルエンザです。同じ経路で人から人へと伝染する可能性のあるインフルエンザとインフルエンザは、病気の人が咳やくしゃみをした結果として空気中に放出された汚染された水滴の分散とともに、呼吸によって他の人に伝染します。短時間で、それは肺に落ち着き、ひどい写真を引き起こす可能性があります。風邪よりも一般的なインフルエンザは、65歳以上の人々、心臓病、乳幼児に深刻な問題を引き起こします。

インフルエンザは赤ちゃんの肺と耳に影響を及ぼします

インフルエンザは、乳幼児や子供に最もよく見られる病気の1つです。それは通常、鼻水から始まり、インフルエンザと混同されることがよくあります。風邪とインフルエンザの臨床症状は似ていますが、原因となる要因は異なります。冷たい上気道;これは、鼻、喉、気管で発生するウイルス感染症です。肺や耳に影響を与えるリスクが高いため、乳幼児の一般的な風邪はもっと深刻に受け止めるべきです。

鼻づまりは栄養上の問題を引き起こします

風邪は軽い病気ですが、特に赤ちゃんに不安や悩みを引き起こします。この状況の最大の理由は、赤ちゃんが鼻をきれいにすることができず、口から呼吸するのが難しいことです。赤ちゃんの一般的な風邪の最初の症状は、鼻づまりまたは鼻水として見られることがよくあります。これは、最初は透明で、次に暗くなり、黄色または緑色になる鼻汁によって理解されます。その他の症状は次のとおりです。摂氏37.8度前後の軽度の発熱、くしゃみ、咳、食欲不振、落ち着きのなさ、入眠困難です。

赤ちゃんが鼻づまりのために摂食に問題がある場合は、プラスチック製の鼻腔吸引器で鼻をきれいにする必要があります。このように、赤ちゃんは再び快適に呼吸することによって栄養を与えられ続けます。このテクニックは、最初の6か月で赤ちゃんに利益をもたらします。赤ちゃんが成長するにつれて、彼はこの方法が使用されないようにしようとします。赤ちゃんの鼻分泌物が非常に強い場合、この密度は、医師の推奨に従って使用される生理食塩水滴で解決できます。石鹸ときれいな水で洗浄され、すすがれるスポイトで給餌する15〜20分前に、生理食塩水を2滴各鼻孔に滴下する必要があります。いかなる状況においても、医薬品を含む経鼻ドロップは使用しないでください。

解熱剤の投与は避けてください

風邪をひくのに最適なのは、赤ちゃんの分泌物を薄めて、もしあれば熱を下げることです。母乳育児中の母親は、母乳育児の頻度を増やす可能性があります。分泌物を希釈するための最良の薬は水です。すべてのウイルス性疾患と同様に、風邪の最初の48時間に高熱が見られます。この場合、赤ちゃんは薄着で温かいお風呂に入る必要があります。赤ちゃんが非常に落ち着きがなく、体温が38°Cを超える場合は、解熱剤を投与することができます。 2か月未満の乳児の発熱は重大な不快感の症状である可能性があるため、解熱剤の投与は避け、専門の医師に相談する必要があります。解熱剤は、医師が推奨する投与量と頻度で使用する必要があります。

休息は体の抵抗に不可欠です

子供の風邪がある場合;鼻づまり、鼻水、咳、喉の痛み、発熱、落ち着きのなさで見られます。発熱はそれほど高くなく、めったに見られません。脱力感、倦怠感、頭痛があるかもしれません。咳が伴うことがあります。鼻洗浄は、生理食塩水点鼻薬と鼻ポンプで行うことができます。体が必要とする抵抗を取り戻すためには、子供たちが休息し、周囲温度、栄養、水分補給をうまく調整することが非常に重要です。

インフルエンザの最も深刻なリスクグループは乳幼児と子供です

一般的な風邪とは異なり、インフルエンザウイルスはインフルエンザを引き起こします。乳幼児はインフルエンザの最も深刻なリスクグループに属し、インフルエンザは特に秋と冬に増加します。発熱、頭痛、関節や筋肉の痛み、鼻水、脱力感、咳がよく見られます。風邪に比べて、より高い発熱と悪寒が観察される場合があります。インフルエンザは上気道のウイルス感染症でもあり、非常に一般的な病気です。治療と薬物使用は医師の監督下で行うことをお勧めします。床上安静、パラセタモール含有鎮痛剤の使用、必要に応じた鼻洗浄、適切な栄養と豊富な水分摂取が治療において重要です。

これらの症状が赤ちゃんに見られる場合、特に10月から2月のインフルエンザの季節に見られる場合は、インフルエンザの考えを引き起こす可能性があります。赤ちゃんの発熱が突然38度以上に上昇し、倦怠感、倦怠感、悪寒、鼻水、乾いた咳をすると、インフルエンザのリスクが高まります。インフルエンザにかかった赤ちゃんは不安を感じ、気分が悪くなります。また、腹痛、下痢、嘔吐などの症状が見られます。

母乳で育てられた赤ちゃんは幸運です

母乳は病気に対する抗体を産生するため、母乳育児中の母親は幸運なグループです。赤ちゃんの鼻水や咳がある場合は、まず、水分を十分に摂取する必要があります。母乳育児中の母親は、赤ちゃんにもっと頻繁に母乳育児をする必要があります。赤ちゃんが補助食品を始めた場合は、希釈したリンゴジュースとハーブティーを与える必要があります。生理食塩水点鼻薬を授乳の15分前に適用し、鼻づまりのために睡眠時間をとると、赤ちゃんは快適に呼吸するのに役立ちます。湿気の多い環境でも咳が出やすいので、赤ちゃんがいる環境は蒸し器で湿らせてください。鼻水が出るように、赤ちゃんの頭を少し高くする必要があります。

薬を使用する前に医師に相談する必要があります。

薬が必要な場合は、薬を使用する前に専門の医師に相談する必要があります。 1歳未満の乳児にはドロップはお勧めしません。赤ちゃんが喘鳴、頻繁で嗄声、呼吸困難、変色、水分摂取の拒否、発熱がある場合は、待たずに医師に相談してください。

インフルエンザは、保育園や学校に通う子供によく見られます

インフルエンザは、保育園や学校に通う子供にもよく見られます。高熱、脱力感、頭身の痛み、悪寒、悪寒、鼻水、脱力感、倦怠感、咳、喉の痛み、鼻の灼熱感、嘔吐、下痢が最も明白な症状です。インフルエンザウイルスは摂取後数日以内に発生し、悪寒の最初の症状が現れます。

水分や果物や野菜をたくさん飲む

インフルエンザの治療では、子供に水分をたっぷりと与え、高熱のために解熱剤を与える必要があります。ビタミンやミネラルが豊富な野菜や果物を与えることは、子供の回復に大いに役立ちます。閉ざされた環境と混雑した環境の両方で赤ちゃんや子供が頻繁に存在することも、病気の増加を引き起こします。

厚手の服は着ないでください

家族が子供に服を着せるときに特定の状況を考慮することは役に立ちます。たとえば、過度の寒さや過度の発汗は避けてください。寒さの中で敏感になる子供たちの体の感染のリスクが高まります。ただし、このため、汗をかくような厚手の服装は避けてください。

インフルエンザワクチンは毎年行う必要があります

風邪やインフルエンザから子供を守るための最も基本的な予防策は、子供に予防接種を受けることです。インフルエンザワクチンは、インフルエンザ感染に対する予防効果があります。予防接種は毎年必要です。喘息、気管支炎、造血系疾患、リウマチ性疾患のある子供や、保育園や学校などの混雑した環境に入る子供には、インフルエンザの予防接種を受けることが重要です。また、他のワクチンが不足していないことを確認する必要があります。家族が子供たちに衛生規則について警告し、教育することは重要です。

H1N1ウイルスから保護するための母乳

インフルエンザワクチンは、6か月未満の乳児には接種されません。家族を水や石鹸で頻繁に洗うことは、病気の予防に非常に効果的です。家族の一人が病気の場合は、赤ちゃんがいる環境でマスクを着用し、赤ちゃんにキスをしないでください。外からの親は赤ちゃんに行く前に着替え、できれば暖かいシャワーを浴びる必要があります。多くの病気の発症を防ぐ奇跡的な栄養素の母乳は、H1N1ウイルスからの保護にも非常に効果的です。母乳は赤ちゃんの免疫システムを強化し、重度のインフルエンザを防ぎます。このため、6か月未満の乳児は母乳で育てなければなりません。母乳を与えられた乳児は、多くの病気、特に上気道感染症と下痢を患っており、軽度で頻度は低くなります。

最近の投稿