なぜ頭の左側が痛いのですか?

頭痛は個人にとって非常に困難な場合があり、仕事や日常の活動などのスキルを妨げる可能性があります。世界保健機関によると、成人人口の少なくとも47%が過去1年間に少なくとも1回頭痛を経験しています。頭痛は慢性的な人もいれば、時々起こる人もいます。

痛みは頭の片側または両側に発生する可能性があります。頭の左側の痛みにはさまざまな原因があります。

片頭痛の痛みは、頭の片側から始まり、そこにとどまる可能性があります。片頭痛の主な原因はまだ完全には理解されていませんが、血管が最初に収縮してから拡張し、脳の領域に過剰な血液を引き起こし、痛みと圧力を引き起こすと考えられています。

これは、頭の両側または左側にのみ見られます。アルコール、食事、ストレス、大きな音、におい、その他の多くの引き金が片頭痛を引き起こす可能性があります。

群発性頭痛は通常、頭の片側で、通常は2、3回以上続けて発生します。これらのタイプの頭痛は喫煙者でより頻繁に発生し、天候の変化によって引き起こされることもあります。群発頭痛はアレルギーと間違われる可能性があります。群発性頭痛は通常、遺伝性であるか、頭を打った後に発生する可能性があります。

頭の左側の痛みのもう一つの原因は副鼻腔炎かもしれません。副鼻腔炎の問題では、副鼻腔の内部が炎症を起こしたり炎症を起こしたりします。タバコの煙、季節性アレルギー、およびその他の呼吸器疾患への曝露は、この病気の一因となる可能性があります。副鼻腔炎は、顔や頭の左側にある複数の鼻腔または単一の鼻腔で発生する可能性があります。副鼻腔の頭痛はしばしば片頭痛と間違えられます。それらの違いは、他の多くの症状が片頭痛に見られることです。

脳の左側に動脈瘤があると、頭の左側に痛みを引き起こす可能性があります。群発性頭痛または片頭痛が通常見られます。動脈瘤は先天性または非常に高い血圧の結果である可能性があります。場合によっては、動脈瘤は非常に大きくなって破裂するまで症状を示しません。この段階では、頭痛は非常に深刻になります。動脈瘤に関連する頭痛は、極度の倦怠感のエピソードを伴うこともあります。

健康即時

最近の投稿