妊娠中のストレスは危険ですか?

妊娠中に経験するストレスは、妊娠後のうつ病を引き起こすだけでなく、妊娠中の母親が直後に物質を使用する原因となる可能性があります。妊娠中にストレスを感じる妊婦も、出産後の子供とのコミュニケーションに問題が生じる可能性が高いです。研究によると、妊娠中および赤ちゃんの最初の数年間の母親のうつ病は、子供の社会的発達と、出来事や問題解決に対処する能力の両方を引き起こします。

妊娠中のストレス症状

精神症状

無関心、緊張、過敏性、倦怠感、停滞、落ち着きのない倦怠感、落ち着きのなさ、悪夢、悲観主義、物忘れ、うつ病、無価値感、罪悪感、孤独感...

身体的症状

口渇、動悸、寒気、震え、チクチクする感覚、頭痛、めまい、頻尿、眠気、吐き気、嘔吐、下痢、睡眠および食欲障害、言語障害、歯ぎしりおよび会話、熱冷フラッシュ、騒音および音に対する過敏症。 ..

ストレスを感じている人は、不幸で孤独を感じます。彼女が最も身近に感じている夫である夫と一緒にいること、そして彼女がどんな場合でも支援することを知っていることは、妊娠中のストレスをコントロールする上で妊娠中の母親の最大の助手です。特にこの時期は結婚のターニングポイントの一つであり、ストレスを克服するためには配偶者同士の良好なコミュニケーションが重要になります。

妊娠中のストレスに対処する方法

妊娠中にすべての薬を使用できるわけではありません。医師による綿密なフォローアップに加えて、この期間中は精神科医のサポートも非常に重要です。妊娠と最初の母親の恐怖を取り除き、メンタルヘルスを良くし、医師のサポートを受けて日常生活を送ることが非常に重要です。

呼吸法、リラクゼーションテクニック、ヨガ、瞑想、スポーツ、音楽などのストレス管理テクニックは、妊娠中のストレスに対処するのに役立ちます。

最近の投稿