妊娠線やしみはどのように消えましたか?

ホルモンの変化、皮膚の伸び、体重増加は、妊娠中に皮膚にひび割れやしみを引き起こします。特に妊娠中に体重が急激に増加し、必要以上に体重が増加する女性では、妊娠の最後の3か月間に腹部、胸部、腰、腰の領域にストレッチマークが発生します。ひび割れは肌の色が薄く、シミは暗い人の方がはっきりと見えます。妊娠初期にシミができ、産褥期にその重症度が緩和されます。

では、妊娠中に発生するこれらのひびやシミを取り除く秘訣は何ですか?

妊娠中のひび割れの形成は、バランスの取れた食事、たくさんの水を飲み、体に十分な保湿を与えることで防ぐことができます。妊娠後のストレッチマークの治療では、レーザー、ダーモローラー、ケミカルピーリングなどの効果的な方法が前面に出てきます。ビタミンCやフィチン酸などのハーブ成分を含む天然物は、妊娠中のもう1つの重要な皮膚の問題である斑点の治療に使用されます。産褥の後に染みの治療を始めるべきだと言った皮膚科スペシャリストアシスト。協会博士GökhanOkanは、妊娠中に発生するひびやしみを取り除く方法を説明しました。

ひびの入った皮膚の破裂の一種ひび割れは、皮膚の過度の伸びによる皮膚のエラスチンおよびコラーゲン組織への損傷の結果として発生する皮膚の破裂の一種です。亀裂が最初に形成されたとき、それらはピンクがかったように見え、時間の経過とともにこれらのピンクの線は紫色、淡色、そして白色に変わります。ひび割れは変色を引き起こすだけでなく、腫れや皮膚のくぼみなどの視覚障害を引き起こす可能性があります。

ストレッチマークは、色白の人によく見られます

ストレッチマークは、肌の色が薄い人、突然体重が増えて成長期に急速に成長する青年、出産によりおなかが緊張する母親、遺伝的素因のある人に特によく見られます。妊娠のひび割れは、妊娠の最後の数ヶ月で最も顕著になります。コルチゾンクリームを長期間使用している人や全身のコルチゾン治療を受けている人は、ひび割れが発生するリスクグループに属します。腹部、腰、腕の内面、乳首はストレッチマークが一般的な領域です。妊娠前にスポーツをする人や喫煙しない人では、妊娠線はあまり一般的ではありません。

バランスの取れた食事は亀裂の形成を減らします

妊娠中のストレッチマークの形成を完全に防ぐ方法はありません。バランスの取れた栄養、急激な体重の増減を避け、定期的ではあるがそれほど要求の厳しい運動ではなく、体の湿り気を重要視することは、ひび割れの形成を減らすのに効果的です。特に入浴後は保湿クリームを塗ってください。肌の水分と油分を増やし、弾力性を保護する地元で使用されている多くの製品で、それは可能な限り達成することができません。ただし、クリームは医師の管理下で使用する必要があります。

ピーリングでストレッチマークに別れを告げる

妊娠後、ケミカルピーリング、ダーモローラー、レーザー、さまざまなダーモ化粧品クリームがストレッチマークの治療に使用されます。医学的には、トレチノイン(ビタミンA)とフルーツ酸を含む製品は治療効果があります。ビタミンAを含む製品は、授乳中は使用しないでください。肌のタイプ、ひび割れの段階、幅、地域、季節などのさまざまな要因が治療に考慮されます。

亀裂は3段階で発生します。初期段階では新鮮です。つまり、色は紫または淡い赤です。この段階で、組織内の血液循環が増加しています。組織に不規則に分泌されるコラーゲンとエラスチンの産生は、治療によって制御できるレベルにあります。この段階で行われる治療は満足のいくものです。その後、赤い画像は白のままになります。白期の治療はより困難であり、長期間対応することができます。ただし、すべての段階で治療を開始することは有益です。

産後の期間が終わったらスポット治療を開始します

女性が妊娠中に経験する皮膚の問題の1つは傷です。斑点はブルネットでより目立ちます。それは妊娠の初期段階で始まり、その重症度は産褥の間に減少します。ホルモンの変化と遺伝的要因がシミになりやすくなります。

スポットは、妊娠中や産褥時にビタミンCやフィチン酸などのハーブ成分を含む天然物で処理されます。産褥の終わりに、化学漂白剤とピーリング法で汚れの大幅な減少が達成されます。ピーリング加工により、シミを軽くし、同時に肌にツヤと健康感を与えます。

最近の投稿