授乳中の母親は何を食べるべきですか?

「赤ちゃんのミルクの生産と放出に関する最も重要な警告は、吸うことです。専門栄養士のNilayKeçeciは、赤ちゃんが授乳する頻度と強さを増すほど、より多くの母乳が放出されると述べています。「世界保健機関の出版物では、最初の6か月間は母乳のみを授乳する必要があります。超えないことをお勧めします。

この期間中、母親は約5杯のミルクを生産するため、栄養に注意を払い、毎日約3〜4リットルの水を飲む必要があります。授乳中の母親が断食することはお勧めできません。母乳育児中の女性は、1000mlのミルクに対して約700カロリーのエネルギーを必要とします。これらの700カロリーすべてを外部から摂取すると、脂肪が増え続けるため、200店舗から500カロリーを栄養士と一緒に外部から摂取する必要があります。

これらの個人が貯蔵庫から200カロリーを使用し、定期的に食べると、月に約1キログラム、5か月で約6〜7キログラムを失います。母乳育児中の女性の1日のカロリーは、栄養と食事の専門家の立会いのもとで調整する必要があります。運動量の多い女性では乳酸が生成され、これがミルクに移行するため、赤ちゃんはミルクを飲みたくない場合があります。

この時期の栄養については、母親が高品質のタンパク質を摂取するためには、少なくとも週に2回、少なくとも1つの卵を毎日摂取することが非常に重要です。この期間中、母親は飽和脂肪を避け、不飽和油を好むべきです。あなたはそれをローストするか、ロースターでそれを沸騰させるか、魚を焼くか蒸すかを選ぶことができます。

この期間中、体の鉄の必要性が高まるため、肉、卵、乾燥マメ科植物、ドライフルーツが頻繁に消費される可能性があります。さらに、鉄の吸収を高めるために、食後30〜45分にお茶とコーヒーを摂取し、肉質の食品にレモンを絞ってCビタミンが必要な食品(オレンジ、トマト、タンジェリン)を摂取することをお勧めします。これらの食品の後。

追加のビタミンやミネラルの錠剤は、医師に相談せずに服用しないでください。その人の要求に応じて、栄養士と相談して、彼はリンデンまたはカモミールティーの形でハーブティーを飲むことができます。食用マメ科植物、キャベツ、大根などの食品(カリフラワー、ブロッコリー、乾燥マメ科植物、生野菜と果物、冷たい無糖ミルクとヨーグルトなどの一部の冬野菜)は、ガス不足を引き起こす可能性があります。そのような場合、赤ちゃんがガスの問題を抱えていないように、これらの食品は避けるべきです。

母乳育児中の母親は、Dvitの生物学的利用能のために日光に注意を払う必要があります。食事にはヨウ素添加塩を使用する必要があります。天然食品では十分に摂取できないヨウ素は、ヨウ素添加塩を使用して母乳から赤ちゃんに移行します。すべての授乳中の母親は、4〜6か月の授乳期間中のガスの形成を防ぐために、食事の方法に注意を払う必要があります。彼らはゆっくり食べてよく噛むべきです。

既製のフルーツジュース、ソーダ、コーラ飲料ではなく、絞りたてのフルーツジュースをお勧めします。糖蜜は血液メーカーです。糖蜜を砂糖の代わりに甘いものとして食べることは、貧血に対する予防策の1つです。砂糖と単純な炭水化物はすべて空のエネルギー源です。

赤ちゃんが授乳中は常に乳房にいて、授乳中に眠りに落ちるという事実は、授乳が順調に進んでいることの表れです。赤ちゃんが授乳すればするほど、母乳が増えます。母乳育児の期間は赤ちゃんごとに異なる場合があり、飽和状態に達する、つまり成乳を吸収することが期待されます。

母乳育児期間中、前述のように、母親の母乳の量と質は、母親の適切でバランスの取れた栄養、十分な水分摂取、ストレスから離れ、休息し、頻繁に赤ちゃんに母乳を与えることで増加します。」前記。

最近の投稿