魚の10の主な利点

魚は、その豊富なビタミン含有量と強い栄養価のために、子供と大人の両方が定期的に摂取する必要がある食品です。海や季節によって異なりますが、特に冬は、新鮮で多様な魚を少なくとも週に2〜3日は提供する必要があります。 Uz。私立病院の栄養と食事療法部門から。 Dyt。 ÖzlemTayは、知っておくべき魚の10の重要な利点についての情報を提供しました。

1.免疫システムを保護します

特に季節に消費される魚は、脂肪酸が含まれているため、免疫システムを強化するために非常に必要な食品です。魚がインフルエンザや感染症から体を保護することが研究によって証明されています。特にその季節には、魚は週に2回定期的に摂取する必要があります。

2.オメガ3リポジトリ

他の動物性食品とは異なり、魚には飽和脂肪の代わりに不飽和脂肪酸と呼ばれるオメガ3脂肪酸が含まれています。オメガ3は、体が生成しない非常に有益なオイルであり、主に魚に含まれています。特に鮭、サバ、イワシ、マグロなどの冷水魚はオメガ3が豊富です。オメガ3;心臓血管の健康を保護することに加えて、それは目の黄斑病のリスクを減らし、血糖値を調節するのを助けます。

3.それは知性の開発に利益をもたらします

魚はヨウ素の豊富な食料源であり、知性の発達に重要な役割を果たしています。魚を食べる子どもの知能スコアが上がり、学習能力が上がることが観察されています。特に妊娠初期に定期的に魚を食べる母親の赤ちゃんでは、学習、知覚、乳児期の握り方などの手の機能が強いことがわかりました。赤ちゃんや子供たちの知性の発達をサポートし、魚の組成におけるDHAは、視覚の健康な発達と神経学的発達に非常に効果的な役割を果たします。

4.心臓の健康を保護します

魚は心の真の友です。魚のオメガ3脂肪酸は、悪玉コレステロール(LDL)を減らし、善玉コレステロール(HDL)を増やします。血中のトリグリセリド、つまり遊離脂肪を減らします。血圧を下げることで心不全や脳卒中のリスクを防ぎ、血液凝固を防ぐことで流動性を高めます。

5.骨を強化します

魚も骨を強化します。特に骨付きで食べられる小魚はカルシウムが豊富で骨を強化します。この機能により、骨粗鬆症の人、更年期の女性、高齢者は魚をたくさん食べることが推奨されます。

6.細胞を修復します

タンパク質は体にとって非常に重要な食物源です。魚を含むいくつかの食品は、高品質のプロテインオイルを作り出します。タンパク質は、細胞を修復し、新しい組織を作る上で重要な役割を果たしています。したがって、タンパク質が豊富な魚を摂取する必要があります。

7.うつ病からあなたを守ります

忙しい仕事のペースと日常生活のダイナミズムでは、問題が重なることがあります。特に個人的に素因がある個人では、ストレスはうつ病に置き換えることができます。研究によると、高レベルのオメガ3脂肪酸を含む魚、特に鮭、サバ、マグロは、うつ病に対して大きな効果をもたらします。

8.糖尿病のリスクを軽減します

オメガ3は、若者の糖尿病のリスクを大幅に軽減します。インスリンの機能を高め、2型糖尿病から保護します。このため、糖尿病患者や糖尿病のリスクのある人にとっては、たくさんの魚を摂取することが有益です。

9.アルツハイマー病のリスクを低下させます

人間の寿命が延びるにつれ、時代の病気としてますます見られるアルツハイマー病に対して、週に2回魚を摂取することが非常に重要になっています。魚油とオメガ3脂肪酸の利点の1つは、アルツハイマー病のリスクを下げることです。アルツハイマー病による記憶喪失を防ぐ強力な武器である魚は、特に蒸したり焼いたりして摂取する必要があります。

10.関節痛に効果があります。

オメガ3脂肪酸は、組織の損傷を引き起こすメカニズムをリサイクルすることによって抗炎症効果を持つ最も強力な栄養成分の1つです。魚の摂取は、特に関節リウマチの患者において、関節リウマチを軽減し、既存の痛みを和らげるのに大きな利点があります。

最近の投稿