妊娠中に嘘をつく方法は?

妊娠中は、赤ちゃんが栄養を与えて快適になり、母親が正しく呼吸でき、心臓へのリスクがないように、左に横になることをお勧めします。

最大の静脈が体の中央をわずかに右側を通過するためです。右側に横になると、これらのボールが子宮を静脈に押し付け、心臓に戻る血液の量が減少し、赤ちゃんに流れる血液の量が減少します。同様に、右に横になると母親の体の腫れが増加します。

妊娠中の妊婦にとって最も理想的な睡眠姿勢は、左に横になって脚を腹部に引っ張る姿勢です。大きな枕を背中の後ろに置いて左側に寝かせると、より快適になり、眠っている間に右に曲がるのを防ぐことができます。

妊娠が始まったばかりで、赤ちゃんが形成の準備をしている最初の3か月の間、はるかに高い感度が必要になります。腹臥位は、この段階では絶対にお勧めできません。

特に妊娠の最後の数ヶ月、つまり7ヶ月目からは、仰向けに寝ることはお勧めできません。この位置では、子宮はすべての重量で、大きな血管、脊椎、腰痛、腸に圧力をかけます。これは母親の健康上の問題を引き起こす可能性があります。

最近の投稿