口腔外科、歯科外科、顎顔面外科とは何ですか?それは何を見ていますか?顎顔面外科医はどの病気を見ていますか?

口腔外科、歯科外科、顎顔面外科では、すべての軟部組織(舌、頬、唇、唾液腺など)、歯、顎、顎関節の診断と外科的治療が行われます。処置の種類と患者の状態に応じて計画された外科的処置は、局所麻酔、意識的鎮静、または全身麻酔下で行われます。では、口腔外科、歯科外科、顎顔面外科とは何ですか、それは何を見ていますか?

口腔外科、歯科外科、顎顔面外科とは何ですか?

口腔、歯科、顎の病気と手術は、口、歯、顎の病気、怪我、変形の診断と治療を扱う外科の分野です。

口腔外科、歯科外科、顎顔面外科はどの病気に注目していますか?

「顎の手術は何を見ていますか?」 顎の手術を必要とするほとんどすべての人が尋ねた質問です。ほとんどの人は、歯の磨耗や裂傷から顎関節の痛みまで、さまざまな口腔の問題に対して顎の手術を求めています。食べ物を噛んだり、噛んだり、飲み込んだりするなどの潜在的な問題は、顎顔面外科患者の間で非常に一般的な問題です。大きな呼吸、発話の困難、いびきなど、口の開口部の異常な形状とサイズから生じる問題の排除も、このセクションの適用範囲内です。

口腔外科、歯科外科、顎顔面外科が扱う病気は次のとおりです。

インプラントまたは複雑な抜歯

-顎の嚢胞性腫瘍の治療

-骨の歯の病変の治療

-口蓋裂と唇の治療

-歯科インプラントアプリケーション

-歯科治療中に必要な硬組織と軟組織の矯正を行う

-歯科補綴物の手順の前に軟組織と硬組織を滑らかにする

-顎と顔の領域の骨折の治療

唾液腺疾患の医学的および外科的治療

-口、あご、顔の領域に審美的および機能的障害を引き起こす変形の外科的矯正、

-がん治療の範囲内で適用される薬物および放射線療法による顎の骨壊死の治療

最近の投稿