砂糖の害は何ですか?

砂糖は私たちの生活の中で最も重要な栄養素の1つですが、一般的な信念に反して、それは体に有益ではありません。中毒と見なされる砂糖の損傷は、体の多くの部分に影響を与えます。研究によると、今日、1人あたり平均10から30杯の砂糖が消費されています。世界保健機関によると、毎日の大量のカロリー必要量を満たすこれらの料金は非常に危険です。一定量以上の糖分に耐えられない体は、糖分を蓄積して体に害を及ぼします。

砂糖依存症もある場合は、砂糖の損傷についてまとめた記事で気が変わるかもしれません。砂糖の害は何ですか、ここに答えがあります...

砂糖の害

私たちの生活に欠かせない食品として重要な位置を占める砂糖は、最も有害な食品のひとつです。多くの人が中毒性があると考える砂糖は、特に化学プロセスによって漂白されたものは特に危険です。では、砂糖の害は何ですか?私たちはあなたのためにそれを編集しました、ここに答えがあります...

低血糖を引き起こします

研究によると、砂糖の消費量は、一時的な必要性がなくなったとしても、数時間後には空腹と空腹によって引き起こされる問題として戻ってきます。一方、中毒性のある砂糖の消費は、血糖値の突然の変化につながる可能性があり、その結果、砂糖の必要性が満たされない場合、頭痛や倦怠感などの問題が発生する可能性があります。

糖尿病、肥満、心臓病のリスクを高めます

砂糖の消費によって引き起こされる健康上の問題には、糖尿病、肥満、心臓病などがあります。砂糖の消費量を制限しないと、後年、このような深刻な健康問題に遭遇する可能性が非常に高くなります。

それは皮膚の問題を引き起こします

砂糖の損傷の中には、皮膚の問題を引き起こすことがあります。糖分の多い食品は、血糖値とインスリンレベルを突然上昇させるため、にきびの発症を引き起こす可能性があります。

ガンを引き起こす可能性があります

肥満の原因となる糖分の多い食品もガンのリスクに重要な役割を果たします.43万人の研究によると、通常よりも多い砂糖の消費は、食道、小腸、胸膜ガンにリスクを高める効果があります。別の研究によると、ドーナツと甘いクッキーを週に3回摂取する女性は、他の女性よりも子宮内がんを発症するリスクが高くなります。

うつ病のリスクを高めます

食事は気分にとって非常に重要です。ケーキやチョコレートなどの加工糖分を多く含む食品は、うつ病のリスクを高めます。

肌の老化率を高めます

知られているように、老化は皮膚のしわの唯一の原因ではありません。多くの異なる要因によって発生するしわは、食事と密接に関連しています。体内の糖消費によって引き起こされる終末糖化産物(AGE)は、皮膚の早期老化を引き起こします。

エネルギーに効果的

砂糖の消費はエネルギーを増加させることが知られていますが、これは一時的な状況にすぎません。砂糖の消費に伴って増加するエネルギーは、数時間後に消えます。一時的なエネルギー変動を避けるために、糖分が少なく食物繊維が豊富な炭水化物食品を選択する必要があります。

砂糖の他の害

それは細胞の老化を引き起こします。

脂肪肝を引き起こす可能性があります。

-腎臓病のリスクを高めます。

-それは歯の健康に悪影響を及ぼします。

痛風の発症リスクが高まります。

それは認知機能の障害を引き起こします。

最近の投稿