なぜ私たちは睡眠中に数えるのですか?

私たちは人生の1/3を睡眠に費やしています。睡眠は人体と脳の機能に不可欠です。毎晩、私たちが眠っている間、奇跡的なプロセスが私たちの体で起こります。私たちはその日の疲れを和らげ、エネルギーを蓄え、成長ホルモンを放出します。私たちの脳は、私たちが1日を通して取得した情報を処理します。科学者によると、「学習」は私たちの睡眠中にのみ発生し、情報を保存するプロセスは睡眠中に発生します。

夢遊病、睡眠時無呼吸、悪夢、睡眠時のスピーチ。これらの病気はすべて睡眠障害にランクされています。睡眠中のスピーチは人にとって無害ですが、隣で寝ている人に多くの不快感を与える可能性があります。なぜなら、これらの会話は、つぶやく、または大声で長々とした文章として見ることができるからです。ほとんどの人は静かに漠然と話しますが、みんなを悲鳴を上げて怖がらせる患者もいます。

子供は睡眠中に話す可能性が高くなります。これは、脳の発達と睡眠パターンが完全ではないためです。ほとんどの子供たちはこの習慣を克服し、成長するにつれて話すのをやめます。

トランスファー製品でストレスや睡眠の問題を克服しましょう!

睡眠のスピーチは、睡眠段階の乱れの結果です。一時的に睡眠障害のある人に見られ、時には不快な夜を過ごす人にも見られます。睡眠中に話す人は通常、完全に眠りに落ちることはなく、これが日中の気晴らしを引き起こします。彼らは完全に休んで目を覚ますわけではないので。

ストレスは、睡眠中に発話を引き起こす要因の中で最初にあります。睡眠の直前に何かを食べると、睡眠のスピーチや悪夢を引き起こす可能性があります。

睡眠中に話す人の大多数は、彼らが言ったことを覚えておらず、彼らが話さないと主張するかもしれません。

最近の投稿