ドーパミン欠乏症の兆候

ドーパミン化学物質は体内で自然に生成され、静脈伝達物質として機能します。それは、脳内の快楽と報酬の伝達、記憶と運動制御に役割を果たしています。薬物使用、栄養失調、ストレス、不眠症、抗うつ薬の使用によりドーパミンレベルが低下すると、うつ病、気分の乱れ、注意力の欠如、渇望などの症状が見られます。

ドーパミン欠乏症の主な症状の1つは、うつ病、慢性退屈、満足感の欠如、慢性疲労、身体的エネルギーの低下、および運動への関心の欠如です。体が落ち着き、手足が冷えます。ドーパミン欠乏症は快感を低下させるため、気分が突然ポジティブからネガティブに変化する可能性があります。ドーパミンレベルが低い人は、気分の落ち込みやエネルギー不足を補うために覚醒剤、特にカフェインに依存するようになります。

むずむず脚症候群は、脳内のドーパミンの不均衡によって引き起こされる可能性があります。ドーパミンは筋肉を制御する信号を送る役割があるからです。ドーパミン欠乏症は、全身の脱力感や体の震えにつながる可能性があります。

体内の鉄、マグネシウム、亜鉛などの特定の物質の欠乏は、ドーパミンの欠乏と過度の眠気につながる可能性があります。過度の睡眠に加えて意欲が欠如していると、何もしたくない、特に運動したくないと感じ、人生に対処できなくなる可能性があります。また、快感が鈍くなり、性的欲求が低下します。ドーパミンレベルが低いと思われる場合は、医師に相談して簡単な検査の結果を得ることができます。

ドーパミンレベルが低いと、砂糖、アルコール、飽和脂肪を消費したいという欲求が高まるため、急激な体重増加が見られます。それらの消費は、ドーパミンレベルのさらなる低下や体重増加などの望ましくない影響を及ぼします。

ドーパミンレベルのわずかな低下でさえ、集中力と集中力を悪化させる可能性があります。この化学物質が感情を適切に管理できないことは、激しい不幸、注意力の欠如、および適切に考えることができないことにつながる可能性があります。

パーキンソン病は、ドーパミン産生脳細胞の喪失にも関連しています。病気の初期段階の人々はドーパミン薬レボドパで治療することができますが、この治療は時間の経過とともに効果を失います。

女性の睡眠の問題と線維筋痛症のリスクリンク


最近の投稿