ハートの使命とは何ですか?心臓は体のどこにあり、その特徴は何ですか?

心臓は、血液を送り出し、健康な循環を確保するための体の最も重要な基本的な構成要素です。すべての臓器が正常に機能するためには、心臓が継続的に健康であることが非常に重要です。

ハートの使命とは何ですか?

心臓は非常に重要であり、2つの別々の循環系に血液を送り出す役割があります。まず、血液は心臓を通過して、主要な動脈である大動脈に到達します。次に、この方法で他の動脈への通路を提供します。この方向では、心臓を介して組織や臓器を循環している血液は、酸素を放出した後、静脈とともに再び心臓に戻ります。次に、肺から酸素を得るために、静脈を介して心臓を介して再びポンピングが行われます。このようにして、静脈は酸素で満たされ、心臓に戻ります。

したがって、それは特定の循環で定期的に発生し、人は健康的な方法で彼の人生を続けます。特に定期的に血液に酸素を照射することにより、このサイクルを作ることで他の臓器が同じ健康的な順序で機能することができます。この方向では、肺に出入りする血液の義務は小循環と呼ばれます。体系的な血液循環として知られている体への血液の分布は、大きな血液循環として表されます。

体のどこに心臓があり、その特徴は何ですか?

心臓は、さまざまな筋肉群で構成され、胸腔内にある器官です。しかし、一般的な信念に反して、心臓は正確に左側に位置していません。胸の左側、胸のラインの高さ、少し左に配置されています。男性の心臓の重量は約340グラムですが、女性の心臓の重量はわずかに低くなっています。この方向では、心臓の右側の部分が胸骨の右側の後部と一致します。

左側は再び左胸の先端の下部にあります。これは、心臓が鼓動する場所であり、それが感じられる領域です。酸素と二酸化炭素の循環とともに、健康的な方法で血液を移動させる上で重要な役割を果たします。

最近の投稿