タダラフィルとは何ですか?

タダラフィルは、男性の勃起不全を治療するために使用される経口薬です。性交が予想される場合、または定期的な性交が予想される場合にのみ、1日あたり低用量で服用する必要があります。この薬はホスホエステラーゼ5型阻害剤です。このクラスには、シルデナフィルやバルデナフィルなどの他の薬が含まれます。

勃起不全、インポテンスは、多くの男性に影響を及ぼし、多くの生理学的および心理的要因に依存しています。勃起を取得して維持する生理学的プロセスは複雑であり、さまざまな化学物質や神経系の信号が関係しています。サイクリック(サイクリック)GMPは、関与する化学伝達物質の1つです。性的刺激が発生すると、GMPが放出され、陰茎の血管が拡張し、より多くの血液循環が提供され、陰茎が硬化するのを助けます。

ホスホエステラーゼ5型は、サイクリックGMPを切断するもう1つの化学メッセンジャーです。タダラフィルは、ホスホエステラーゼ5型を阻害することにより、サイクリック(サイクリック)GMPの分解を防ぎます。これは持続可能な勃起を保証します。サイクリックGMPはその時しか利用できないため、この薬は性的刺激が発生した場合にのみ機能します。

タダラフィルは「必要に応じて」使用できます。このように使用すると、ピルは予想される性交の約30分前に服用されます。通常、処方する医師は10 mgの低用量から始めて、20mgに増やします。応答と許容範囲に応じて、必要です。

勃起不全は苦痛を伴う可能性があり、かなりの不安を引き起こします。定期的な性交が予想される場合は、タダラフィルを1日量で服用することもできるため、予想用量の必要がなくなります。しかし、毎日使用する場合、用量ははるかに低く、反応と耐性に応じて2.5mgまたは5mgのいずれかです。

他の薬と同様に、タダラフィルは他の薬や病状と相互作用する可能性があります。狭心症患者に一般的な薬である硝酸塩薬と一緒に使用しないでください。タダラフィルを使用する前に、潜在的に危険な相互作用を避けるために、付随する薬や病気は処方医と話し合う必要があります。

タダラフィルは副作用を引き起こす可能性があります。これらの中で最も一般的なのは、特に降圧薬を併用している患者におけるめまい、頭痛、起立性低血圧です。めまいの可能性があるため、患者は薬を服用した後、仕事に行く途中で重機を運転したり作業したりしないでください。まれに、持続勃起症が発生することがあります。これは、4時間以上続く勃起を意味し、陰茎組織への長期的な損傷を防ぐために治療が必要です。

膣の乾燥に使用される潤滑剤は機能しますか?

最近の投稿