ゼラニウムの花:その意味、特性、利点は何ですか?維持する方法は?

アフリカを母国とするこれらの植物は、夏に咲きます。その美的外観のおかげで、それは家庭やビジネス環境で頻繁に栽培されています。自然界に400種近くあるゼラニウムは、直接的または間接的に人間の健康に多くの利益をもたらします。

ゼラニウムの花の意味

ゼラニウムの花は、バラやスミレとともに、ロマンチックな関係に最も好まれる花の1つです。それは中世以来の永遠の愛を表しています。また、カップル間の忠誠心を強化すると考えられています。古代の力と優雅さを象徴するゼラニウムの花は、今日の結婚を提案するときにしばしば好まれます。

ゼラニウムの花の特徴は何ですか?

紫と青は、多くの色を持つゼラニウムの最も一般的な色の1つです。 Ceylangözüやマスチックゼラニウムとして知られている品種もあります。彼らは一年中途切れることなく咲くことができます。長持ちする植物の1つであるゼラニウムは、特に発育不全の植物の方がはるかに耐久性があります。その耐久性の最大の要因は、その半木質構造です。このように、それは環境条件や突然の温度変化の影響を受けません。暖かく温暖な気候を愛するこれらの花は、主にトルコの地中海とエーゲ海地域で栽培されています。

ゼラニウムフラワーのメリット

これらの特別な観賞植物は、肉体的にも精神的にも人間の健康に良い影響を及ぼします。スキンケアにも広く使われている花の一種です。そのエッセンスから得られるオイルは、老化によるしわを取り除き、肌に潤いを与えます。にきびやにきびの形成を防ぐミネラルが含まれているゼラニウムの花は、皮膚層のダークスポットも取り除きます。

特に副鼻腔炎の人は、家でイワシを育てることをお勧めします。自然の鎮痛剤を含むこの観賞用植物は、インフルエンザや風邪などの冬の病気をはるかに軽く克服するのにも役立ちます。体内に蓄積した浮腫の除去を促進します。今日、ゼラニウムの花から作られた多くの薬があります。含まれている最も重要な利点のもう一つは、イライラした喉を和らげることです。においがするすべての環境にポジティブなエネルギーを広げ、ストレスを大幅に軽減します。

ゼラニウムの花の世話をする方法は?

寒い気候で育たないゼラニウムの花は、極端に暑い環境を好みません。 12〜15度の室温に保たれた観賞植物ははるかに速く開花します。一般的に、庭やバルコニーなどの屋外に保管されているゼラニウムは、閉鎖された環境で維持するのが困難です。そのポットが光を受け取るように配置されている場合、それははるかに速く成長します。すべての花と同様に、水やりの頻度はゼラニウムにとって非常に重要です。

冬は週に1、2回水をやることをお勧めします。夏には、少なくとも週に3日は水をやる必要があります。散水するときは、土壌のすべての部分が水を受け取るという事実に特別な注意を払う必要があります。土壌に十分な水分がない場合、花にうんざりするリスクが高まります。屋内環境で栽培したい場合は、特に注意が必要です。質の高い土壌の選択と灌漑期間への注意は、ゼラニウムの寿命を延ばします。

最近の投稿