耳に入った水分を取り除くには?

耳閉感、痛み、難聴などの症状が頻繁に発生する場合は、耳の水漏れの問題に直面する可能性があります。空気が温まると、耳に水が漏れた場合に注意すべきヒントで、この問題を短時間で解消することができます。簡単な塗布で除去できる耳の水分を取り除く方法がわからない場合は、私たちが用意した記事をガイドとして使用すると、この問題を取り除くことができます。

耳から水を誘拐する方法、ここに答えがあります...

耳に入った水を抜く方法は?

休暇中に耳に水があり、必要な予防措置を講じていなかった場合は、それを治療することが可能になりました。自分で試すことができる方法で、耳の水漏れの問題を解消することができます。さて、これらの方法は何ですか、ここに答えがあります...

バルサルバ法

バルサルバ法により、耳に入った水分を短時間で取り除くことができます。この方法の秘訣は、耳管の開口部で鼓膜を外側に膨らませ、このようにして耳の中の水分を取り除くことです。この方法を適用するには、口を閉じ、指で鼻を絞ってから深呼吸します。空気圧のバランスをとるために鼻から空気を吹き出します。正しい動きをすると、耳管が開く音が聞こえます。鼓膜を傷つけないために、鼻に負担をかけずにこれを続けることができます。

ヘアドライヤー

耳の中の水分をより早く蒸発させるヘアドライヤー方式では、耳から水分を蒸発させることができます。このプロセスを適用するには、ドライヤーを耳の後ろ15〜20 cmに保持し、温度を上げて空気圧を下げる必要があります。このようにして、ドライヤーを耳に30秒間保持するだけで十分です。このプロセスは、数分もかからずに定期的に繰り返すことができます。

重力の使用

あなたが耳に入った水をどのように取り除くかという質問にあなたが与えることができるもう一つの方法は重力の使用です。これを行うには、頭を地面と平行に向け、耳を手のひらで覆い、数秒間押して放します。噛んだり飲み込んだりすることで、耳に入った水分を短時間で取り除くことができます。

グリセリン

特別な食感で耳を柔らかくするグリセリンは、特に耳の洗浄手順の前に、医師が推奨する薬として使用されます。耳の中の水分が汚れと混ざり合ってジェル状になった場合は、グリセリンを使用すると、1日3〜5滴で5〜7日間、耳の汚れを和らげることができます。この過程で、耳に短期間の難聴が生じる可能性があります。

酸素化された水

一般に酸素化水として知られている過酸化水素は、耳に水が漏れた場合に使用できる方法の1つです。耳に閉じ込められた液体を簡単に取り除く酸素化水を使用するためのスポイトを提供するだけで十分です。スポイトを使用すると、酸素を含んだ水を数滴耳に落とし、数分待ってから頭を下に傾けて水を排出できます。

最近の投稿