顔の発汗の原因

神経系は、体が過熱していることを検出すると、呼吸と血流のパターンを変化させます。その結果、発汗が冷却メカニズムとして引き継がれます。

発汗は体のどこにでも発生する可能性がありますが、通常は脇の下、手、足、顔に発生します。体のすべての部分で過度の発汗は、人に問題を引き起こす可能性があります。一方、過度の発汗は、特に社会的状況において、不快で恥ずかしい、自信を低下させ、日常の活動の遂行を妨げる可能性があります。

過度の発汗の最初の原因は遺伝子に関連しています。人は彼の皮膚の真皮(下の皮膚)層に200万から400万の汗腺を持っています。汗腺の量と正確な位置は完全に継承されます。したがって、顔に過度の発汗がある場合は、家族の他のメンバーの顔や頭皮に多数の活発な汗腺がある可能性があります。

交感神経系は自律神経系の一部であり、身体を危険から保護する責任があります。

それは、環境条件に応じて汗腺を活性化または不活性化するように脳に指示します。 syringomyeliaまたは他の神経関連疾患のために神経が適切に機能できない場合、神経系は、汗腺、空腹および喉の渇きを制御する視床下部に混合信号を送信します。

これは、顔の過度の発汗の原因の1つである可能性があります。同様に、うつ病、ストレス、不安(不安)などの感情は視床下部の神経活動を変化させ、汗腺の活動に混乱と過度の動きをもたらす可能性があります。

太りすぎの人は痩せた人よりも汗をかきます。なぜなら、体はより多くのミネラルを蓄え、汗腺は過剰に汗をかく必要があるからです。体の脂肪が多いほど、顔の発汗が多くなります。もちろん、遺伝的特徴により、状況は個人ごとに異なる可能性があります。

顔に過度の発汗が生じるもう1つの理由は、ランニングやウェイトリフティングなどの活動が体を過熱させることです。激しい運動や極度の熱や熱気への暴露は、体を冷やすのに役立つため、過度の発汗につながる可能性があります。体が過熱していない場合、神経質でない場合、または太りすぎの問題がない場合は、過度の発汗が発生した場合は医師の診察が必要になることがあります。

健康即時

最近の投稿