睡眠前後の飲料水の利点

就寝前:

水の基本物質

化学的には、水は1つの酸素原子と2つの水素原子で構成されています。さらに、それは多くのミネラルと栄養素を含んでいます。私たちが寝る前に飲むコップ一杯の水は、私たちの体に機能するのに十分な栄養素を与えます。

水分摂取量

就寝前に体が必要とする水分を得ると、体は水を使って細胞を再生します。

燃焼カロリー

就寝時に水を飲むとカロリーが消費され、体重が減ることが知られています。

-解毒

寝る前に飲む水は、消化器系や尿中の有毒物質を浄化するのに役立ちます。

目覚めた後:

水分摂取量

寝る前に飲んだ水は、睡眠中に保存され、使用されます。したがって、目を覚ますと、体は脱水状態になります。コップ一杯の水は喉の渇きを癒すだけでなく、エネルギーを提供し、特に脳細胞を再生します。

-毒素から体をきれいにします

目覚めた後に飲む温水は、排便を増加させます。これは便秘を防ぎます。

アレルギーと感染症

目覚めた後、咳やくしゃみなどのアレルギーを持つ人もいます。水は喉を浄化し、感染のリスクを減らします。

頭痛とつわり

飲料水は、特に妊婦のつわりを防ぎ、つわりを防ぐのに役立ちます。

減量

それは体の新陳代謝をスピードアップするので、それはカロリー燃焼を提供します。

最近の投稿