これ以上の月経はありません!

フォルマンテマガジン

産科医は今それを言います。しかし、これはどのように起こりますか?これが答えです。

生理がないことには多くの利点があります。ただし、ここで警告を出しましょう。この効果のある避妊法を使用しておらず、出血が自然に減少したか完全に消えた場合、このスパイラルを使用することはそうでない場合とは非常に異なる状況であるため、時間を無駄にすることなく産婦人科医と産科医に相談する必要があります月経がある。月経出血の問題は、感染から腫瘍まで、多くの病気の前兆となる可能性があるためです。さらに、これらの場合、期間がないことは一時的ではなく永続的になる可能性があります。たとえば、誤った中絶によって子宮の内層が損傷した場合、女性は月経が永久にないため、子供を産むことができません。

生理がないことのメリット

専門家によると、子供を産みたくない場合、生理は一定期間の人生を逃す原因となる制限要因です。だから、実際に生理があるのは無駄です!まず第一に、月経は女性のビジネスや社会生活において最も重要な問題になる可能性があります。これの緩和または消失は、「解放」およびより「積極的」であることも意味します。したがって、あなたはより快適で生産的な生活を送ることができます。また、「私は妊娠していますか?」知らないうちに生理があるかもしれないという理由だけで、心配も、下着も、パッドも、バンパーがあふれることもありません。さらに、血中濃度が向上し、月経期間中のパッドの使用に関連する問題があれば、解消されます。

どのような方法がそれをブロックしていますか?

専門家によると、どの避妊法が月経を防ぐのか。現代の新しい避妊法のいくつかはこれを提供します。これらが使用されている限り、月経血の量と期間を減らすか、完全に終わらせます。新しい子宮内避妊器具(スパイラル)、生後3か月の針、およびこれらの方法による皮下注射。専門家は、3つのシステムすべてが一時的に一部の女性の月経をなくすことができると指摘しています。ただし、3か月の注射は、6〜8か月ごとに重度の出血を引き起こすため、お勧めしません。皮下インプラントは月経出血を止めますが、時々不規則に出血することがあります。

子宮内避妊器具の体内に含まれる「レボノルゲストレル」ホルモンのおかげで、他の方法よりも有利であることがわかります。このホルモンの投与量が非常に少ない、子宮内に配置された特別なT字型のプラスチック製の本体は、子宮内膜を直接考え、妊娠を防ぎ、月経出血で廃棄される組織の形成を防ぎます。その結果、卵巣の活動は継続しますが、月経出血の量は、女性の25〜30パーセントでさえ減少しています。生理に戻りたい場合はどうすればよいですか?専門家は、月経出血が除去されてから3〜6週間後に子宮内避妊器具が再び始まるため、「安心」と言います。

教授博士UmurÇolgar「子宮内避妊器具もPMSの問題を解決します!」

•月経前症候群は多くの女性に共通の問題です。女性の80%が月経前と月経前の期間に経験するPMS(月経前症候群)と呼ばれる月経前の不満について不平を言うほどです。

•女性の34%は、日常生活に悪影響を与えるような重症度でPMSの苦情を経験していますが、37%は中程度の重症度を経験しています。

•痛みに加えて、吐き気、嘔吐、排便の増加、食欲の増加、甘い食べ物の傾向、浮腫、胸の痛みや痛み、悪寒、発熱、動悸などのいくつかの不満が見られます。うつ病、環境との不調和、集中力の低下などの精神的苦痛に加えて、仕事のパフォーマンスも低下する可能性があります。

•それが分泌する合成プロゲステロンホルモンのおかげで、子宮内避妊器具はこれらの軽度および中等度の愁訴のほとんどで退行を提供します。

  �

最近の投稿