逆流症の患者は朝食に何を食べるべきですか?

重度の胃酸逆流症がある場合は、食事に大幅な変更を加える必要があるかもしれません。朝食時に逆流症状を引き起こすと、一日に悪影響を与える可能性があるため、朝食は逆流症の患者にとってなくてはならない食事です。

食品に対する耐性は人によって異なるため、悪い食品を個別に特定し、それに応じて食事を手配することをお勧めします。ただし、トルコのテーブルにあるいくつかの古典的な食品は、逆流症の患者の朝食時に問題を引き起こす可能性が高くなります。

あなたが朝にコーヒーやお茶を飲むのが好きで、これらがあなたの逆流を悪化させていないなら、あなたは幸運です。

しかし、これらの飲み物は、胃と食道の間の筋肉を弛緩させることによって症状を悪化させることがよくあります。これらの筋肉は胃と食道の間のバリアとして機能するため、リラックスすると、胃の消化液が食道を登り、炎症や炎症を引き起こします。

ミントティー、ホットチョコレート、カフェイン入り飲料、アルコール飲料は、同様の問題を引き起こす可能性のある他の飲料です。カモミールのようなハーブティーは良い代替品になり得ます。ミルクは一般的に忍容性が良好ですが、スキムミルクよりもスキムミルクの方が適しています。アーモンドと豆乳も胃の酸性度を下げることができますが、研究は進行中です。

果物やジュースは、酸性の内容がある場合、逆流症の患者の朝食に含めるべきではありません。柑橘類のジュースやトマトジュースは、酸性成分が含まれているため、すでに炎症を起こした食道を悪化させる可能性があります。さらに、これらの食品中の酸はペプシンと呼ばれるタンパク質消化酵素を活性化する可能性があり、食道で活性化されるペプシンは食道の内層を損傷します。リンゴ、バナナ、アボカド、スイカ、洋ナシのジュースは、より良く、酸性度の低い代替品になる可能性があります。

一般的に、パンやシリアルは胃酸逆流症の症状を悪化させません。ただし、非常に脂肪の多い前菜、ペストリー、甘いペストリーは、胃を空にするプロセスを遅くします。胃がいっぱいになると、内容物が逆流して食道に上る可能性が高くなります。代わりに、繊維含有量の高い食品を好むのが正しいかもしれません。

したがって、逆流症の患者の場合、朝食時に食べるタンパク質は低脂肪にするか、脂肪を少なくして調理することをお勧めします。脂肪の多いソーセージの代わりに、赤身の肉、低脂肪の卵、ゆで卵を好むことがあります。野菜ベースのピーナッツバター、大豆ソーセージ、豆腐も食べられます。

健康即時

最近の投稿