歯ぎしりとは何ですか、それはどのように扱われますか?

一日中または夜間にのみ筋肉を噛む活動によって引き起こされる歯ぎしりと圧迫は、科学的に歯ぎしりとして定義されています。咀嚼筋の収縮による歯の継続的な接触は「歯ぎしり」と呼ばれ、口腔環境に物質を摂取せずに咀嚼プロセスをリズミカルに継続することを「歯ぎしり」と呼びます。矯正歯科専門医で歯科医のHakanDönmez博士は、社会の8-10%と子供たちの8-38%が歯ぎしりに苦しんでおり、この意味で、早期の診断と治療が非常に重要であると述べました。

歯ぎしり治療;ドンメスは、顎関節疾患の専門家であり、頭頸部の痛みの専門家である歯科医によって行われるべきであると強調し、歯を分離することによる歯ぎしりと歯ぎしりを調べる研究では、歯ぎしりなしの歯ぎしりの場合は20%、そしてこの率は男性より女性でより高いです。顎関節症の人の歯ぎしりの発生率は26%から66%の間であることが示唆されています。」

歯ぎしりを引き起こす要因;

1)形態学的要因

顎顔面領域の解剖学的欠陥、適切に位置合わせされていない歯の関係、反対側の顎の歯との調和が悪い、および不適切な歯科治療

2)心理社会的要因

不安、ストレスまたは緊張、抑制された怒りまたは過敏性、攻撃的または多動性の性格タイプ

3)神経学的要因

脳外傷といくつかの神経疾患の結果として

4)病態生理学的要因

歯ぎしりは、睡眠中または突然の睡眠の緩和中に発生する緊張が原因で発生する可能性があります。歯ぎしりの発生率は、睡眠時無呼吸症候群の人と睡眠障害の結果として増加します。

5)中枢神経系障害

ハンチントン病またはパーキンソン病の合併症として現れます。

6)薬の副作用

外傷性障害は、喫煙やアルコール依存症が原因で発生する可能性があります。

7)全身性の原因

腸内寄生虫、栄養不足、アレルギー、内分泌疾患は歯ぎしりを引き起こす可能性があります。

歯ぎしり治療

治療アプリケーションを正しく導く主な要因は、正しい診断です。正しい診断は、患者の病歴(既往歴)と臨床所見の正しい分析によって行われます。追加情報が必要な場合は、画像と検査結果が追加され、データが収集された後に治療計画が作成されます。

今日適用されている歯ぎしり治療のアプローチは、3つの主要なグループに分けられます。

1)性格志向

2)薬理学アプローチ

3)咬合アプローチ(咬合バランス、矯正治療、咬合リハビリテーション)

1)パーソナリティ指向の治療アプローチ

a)バイオフィードバック治療

損傷しているが機能を失っていないシステムは、人がよりうまく操作できるようにすることを目的としています。患者の協力は重要です。それは、通常は無意識に発生する機能の認識と、それらの筋肉を制御する能力を提供します。

b)習慣予防技術

多くの運動が患者に教えられます。エクササイズの成功の結果は、個人が長い間教えられたエクササイズを続けることにかかっています。

c)精神医学的治療

精神科治療のアプローチは、歯ぎしりの問題を増大させる心理的理由が疑われる場合にのみ考慮されるべきであり、患者は歯ぎしり治療ではなく心理的原因の解決のために精神科医に向けられるべきです。

d)催眠術

その科学と必要性が議論されています。

瞑想の習慣の認識、過剰な化学刺激剤(カフェイン、ニコチンなど)や睡眠障害の制御、習慣の変化などのテクニックも適用できます。

2)薬理学的治療

筋弛緩薬の使用とその結果が成功している場合があります。

ボツリヌス毒素(botox)は、筋肉内(筋肉内)注射によっても投与されます。しかし、このアプローチは問題を根本的に解決するものではなく、筋肉の麻痺を伴う緩和治療に使用されます。

3)咬合(咀嚼面)アプローチ

a)咬合バランス

咬合バランスには、上下の歯の接触部の間で荷重を分散するために、歯の咬合形態の永続的な変化が含まれます。これは、歯と顎の快適さ、健康、審美性を高めるために適用される不可逆的な治療アプローチです。それは非常に注意深くそして限られた方法で適用されるべきです。

b)矯正治療

これは、不正咬合の存在下での歯科矯正治療による咬合の矯正です。

c)咬合装置の適用

他の方法よりも多く使用されています。咬合装置は、顎関節症を治療するため、または歯を侵食から保護するために適用される「可動式の人工咬合面」として定義されます。歯ぎしりによる被害を防ぐために、米国では毎年360万人の「ナイトガード」が作られていると報告されています。咬合器具は、さまざまな出版物で「フラットプレーン」、「筋弛緩スプリント」、「ナイトプロテクター」または「歯科矯正器具」と呼ばれています。

歯ぎしりで咬合器具を使用する目的は次のとおりです。

i)心房(歯の酸蝕症)によって発生する可能性のある損傷を軽減または防止するために、

ii)咀嚼筋(側頭骨および咬筋)の活動を低下させる、

iii)両側の筋活動に対称性を与えるために、

iv)筋収縮パターンの正常化を作成するには、

v)患者に自分の習慣を認識させるために、

vi)歯の機能不全の接触時間を最小限に抑える。

器具を作る前に、咬合器具は歯ぎしりを治療する目的ではなく、咀嚼システムの問題の進行を遅らせるか防ぐために作られていることを個人に通知する必要があります。

子供に見られる歯ぎしりは一般的に生理学的、つまり無害です。ほとんどの場合、一部の歯が早期に接触すると、咀嚼システムはそれを侵食することによって、より機能的な歯の構造を作成しようとします。したがって、通常、治療は必要ありません。ソフトおよび/またはハードアクリル素材で作られた咬合器具は、治療が必要なサイズの歯ぎしりが活発な子供に使用できます。 3〜5歳の研究では、口腔器具を使用しない子供では歯の侵食が増加し続け、器具を使用する子供では歯の摩耗が止まると述べられています。子供に使用される器具は発達に影響を与える可能性があるため、それらの制御は頻繁に行われ、使用期間ができるだけ短くなるように注意する必要があります。 2〜3か月の使用後、活発な歯ぎしりが減少したかどうかを確認し、器具の使用を中止する必要があります。それでも歯ぎしりが発達が急速に続く子供に問題を引き起こす場合は、装置を交換し、顎の発達を遅くしたり停止させたりしないでください。

d)切開治療

歯の擦過傷の原因であると判断された症例の治療アプローチにおいて、イベントがどのように発生するかを正確に判断することが重要です。摩耗が進んでいない部分の歯に荷重が伝わる場合は、小さな咬合変化を加えることができます。重度の閉鎖症の患者の歯を保護するために、特に垂直方向の寸法が小さくなり、歯の感度が非常に不快な場合は、固定修復を検討することができます。

最近の投稿