魚油の利点は何ですか?魚油は子供にとって有益ですか?

魚油は多くの点で非常に有益です。一般的に心臓や循環器系に推奨されます。魚油を使って血圧や血中のトリグリセリド(コレステロール関連脂肪)を下げる人もいます。魚油は心臓病や発作を防ぐことでも知られています。

研究の結果は、魚油が実際にコレステロールを下げ、心臓病に良いことを示しています。しかし、もちろん、過剰摂取に関しては、心臓発作のリスクも高まることは明らかです。

魚は、魚を摂取する一部の人々のうつ病、注意欠陥、その他の認知障害を改善することが示されているため、脳の食物として知られています。

ドライアイや加齢に伴う黄斑疾患の治療のために魚油を摂取する人もいます。

女性は、痛みを伴う月経困難症を予防し、胸痛や流産、高血圧、早産などの妊娠の問題を緩和するために魚油を好みます。

魚油は、糖尿病、喘息、発達障害、運動障害、失読症、肥満、腎臓病、骨粗鬆症の治療薬としても使用されます。魚油は、心臓移植中に発生する可能性のある合併症の1つである高血圧や腎臓病にも推奨されます。冠状動脈バイパス手術のために血管が閉じるのを防ぐことが知られています。

魚油でより一般的な魚はどれですか?

私たちの体の魚油の必要性は、魚を食べることによって直接、または栄養補助食品の形で満たすことができます。オメガ3脂肪酸などの有益な油を含む魚には、マグロ、マグロ、チョウザメ、イワシ、ブルーフィッシュなどがあります。

魚を食べることで魚の脂肪酸を直接得る場合、魚の作り方は非常に重要です。焼き魚や焼き魚は心臓病に効果的ですが、揚げ魚やサンドイッチ魚はどちらもこれらの脂肪酸を欠いており、心臓発作のリスクを高めます。

魚油は子供にとって有益ですか?

ハーワード医科大学で実施された研究は、EPAとDHAが妊娠において非常に重要であることを明らかにしました。 DHAは、胎児と赤ちゃんの正常な発育のために、髄膜の15〜20%と網膜の30〜60%の形成を助けます。特に妊娠の最後の3か月で、かなりの量のオメガ3脂肪酸が母親から赤ちゃんに感染します。最近の研究では、血中のオメガ3脂肪酸のレベルが低い子供は、行動障害、学習障害、健康上の問題に苦しんでいると言われています。

関連ニュースなぜ子供たちは魚油を使うべきなのですか?

魚油は子供の身長を上げますか?

魚油はそれに含まれるビタミンDのおかげで骨を強化します。身長の増加に関する科学的データがないため、「身長の増加」よりも「間接的に身長の増加に寄与する」と言った方が正しいでしょう。

魚油サプリメント

魚油サプリメントは、マグロ、サーモン、マグロなどの脂肪酸が豊富な魚に由来することがよくあります。それらが腐敗するのを防ぐために、通常、少量のビタミンEがそれらに加えられます。また、カルシウム、鉄、またはビタミンA、B1、B2、B3、C、またはDを強化することもできます。カプセルやシロップの形で製造された魚油は、医師の勧めで使用できます。

詳細については、ここをクリックしてください。

最近の投稿