ドーベルマン犬の特徴は何ですか?子犬ドーベルマン犬種に関する情報

ドーベルマン犬種は通常、胸が深く、背中が短く、首が優雅な犬です。これらの犬は今日多くの人々によって頻繁に世話をされています。

ドーベルマン犬種の身体的特徴

ドーベルマン犬種はもともとドイツ起源の作業犬種です。それらは、FCIによって受け入れられた基準に従って、黒と赤または暗褐色にすることができます。これらの犬は短くて光沢のある毛皮を持っている必要があります。彼らの平均寿命を見ると、それは10年から12年の間で異なります。髪の毛が短い人は、色が硬く、青みがかった灰色、赤、または薄茶色になることがあります。最も一般的な犬種は、基本的に色が黒または黒とさびです。男性の肩から地面までの高さは68cmから72cmの間であり、女性の肩から地面までの高さは63cmから68cmの間です。通常の成人男性のドーベルマンの体重は35kgから40kgで、女性の平均体重は30kgから35kgです。

ドーベルマン犬の品種のキャラクターの特徴

ドーベルマン種は一般的に審美的な操作が合法である国にあり、その尾は2番目のナックルから切り取られ、その耳は頭に比例して切ることによってまっすぐにされます。この品種は非常に強く、高貴な外観をしています。さらに、彼らはまた非常に活発な犬です。速く、機敏で、訓練可能なこれらの犬は、通常、1〜5回の繰り返しで受け取るコマンドを学習します。所有者とその家族に対して非常に保護的な競争であるドーベルマンは、一般的に見知らぬ人を疑っており、彼ら自身にとって非常に安全です。しかし、よく社会化されたドーベルマンは不必要な攻撃性を示しません。これらの犬は毛皮が非常に薄いため、寒い気候に耐性がありません。

子犬ドーベルマン犬種に関する情報

今日貴族が言及されたときに頭に浮かぶこれらの犬の子犬も非常に美しく、高貴です。彼らがまだ子犬であるとき、若いドーベルマンは社交的であるべきです。これらの子犬は一般的に飼い主から多くの注意を払う必要があります。また、子犬のドーベルマンは非常に寒くなります。このため、通常は庭のある家に住んでいますが、この家や庭の特別な暖房付きの小屋で寝ることをお勧めします。飼い主志向の犬なので、いつも飼い主と一緒にいたいです。

ドーベルマン犬の品種ケアと健康

ドーベルマン犬種で一般的に遺伝的に見られる病気は、ウォブラー症候群と呼ばれる病気です。この強くて非常に強い犬種によって捕らえられる可能性が最も高いのはこの病気です。ウォブラー症候群は通常、頸椎と脊髄の圧迫を引き起こします。彼らが年をとるにつれて、これらの犬はまた非常に体重が増える傾向があります。これらに加えて、股関節形成不全または先天性心疾患も見られます。ドーベルマン犬の皮膚も非常に敏感です。ドーベルマン犬は髪の毛が非常に短いため、グルーミングはほとんど必要ありません。ただし、これらの犬が健康な肌や強いコートを持つためには、週に1回程度犬の櫛で適切にブラッシングする必要があります。

最近の投稿