妊娠中の砂糖を考慮に入れる必要があります

母親と赤ちゃんの健康にリスクをもたらす可能性のあるこの状況は、妊婦の約5パーセントに見られます。しかし、母親と赤ちゃんに発生する可能性のある多くの健康上の問題は、妊娠中に行われる糖負荷テストで事前に検出できます。

中央病院Oprの婦人科および産科スペシャリスト。博士Cengizhan Kolata氏は、次のように述べています。「砂糖の負荷テスト中に体内に砂糖を負荷しても、健康な体の赤ちゃんと母親の両方に害はありません。体内には、血糖値テスト中に負荷された血糖値のバランスを取り、短時間で正常なレベルに下げるメカニズムがあるためです」と彼は言います。

妊娠中の砂糖を考慮に入れる必要があります

妊娠糖尿病(妊娠糖尿病);妊娠前に糖尿病を患っていない母親の血中のブドウ糖(糖)レベルの上昇が検出されたときに発生します。

妊娠糖尿病は妊婦の約3-5パーセントに見られます。その90%は妊娠中に気づかれます。妊娠糖尿病は、妊娠期間の24週目と28週目に行われる糖負荷テストで判断できます。

健康上の問題は、砂糖の負荷テストで判断できます

妊娠中にブドウ糖負荷試験を受けることが母親と赤ちゃんの健康に有害であるかどうかは、最も興味深く議論されている問題の1つです。ただし、妊娠中に母親と赤ちゃんに発生する可能性のある健康上の問題を検出するために、ブドウ糖負荷試験を実施する必要があります。

砂糖の負荷テスト中に体内に砂糖を負荷しても、健康な体の赤ちゃんと母親の両方に害はありません。なぜなら、糖質検査中に負荷された血糖値のバランスを取り、短時間で正常なレベルに下げるメカニズムが体内にあるからです。

妊娠糖尿病における高リスク、リスクおよび非リスクグループ

妊娠中に発生する可能性のある妊娠糖尿病は、高リスク、リスク、非リスクの3つのグループに分けられます。ボディマス指数(BMI)が30%を超える妊婦は、高リスクグループに属します。再発性の妊娠喪失、原因不明の乳児喪失、および妊娠歴の悪い女性はリスクグループに含まれます。

さらに、大きな赤ちゃんを出産する人、糖尿病の家族歴がある人、多嚢胞性卵巣(卵巣と小さな嚢胞の拡大)患者、25歳以上の女性、以前の妊娠で糖尿病の病歴がある人、および女性出産が困難な方(肩をすくめる方)もこのグループに含まれます。

25歳の女性、最初の妊娠をしている女性、および家族に糖尿病を患っていない人々は、リスクグループから外れています。

診断には75グラムの砂糖負荷テストで十分です

妊娠糖尿病の診断のための現在のアプローチとして受け入れられている75グラムの糖負荷テストは、妊娠中の母親に適用されます。テスト結果では、空腹時血糖が92 mg / dl、1時間血糖が180 ml / dl、2時間血糖が153 gr / ml未満の場合、これらの値は正常と見なされます。ただし、いずれかの値が結果よりも高い場合、妊娠中の母親はリスクグループに含まれます。

診断テストがリスクグループに対してのみ実行される場合、妊娠糖尿病人口の50パーセントしか診断できません。他の50パーセントは無視されるべきではありません。

健康な妊娠プロセスと出産は、診断され、血糖値が望ましいレベルで監視されている妊婦に提供できます。このスクリーニングを行わないと、診断できない妊婦と乳児の50%に健康上の問題が発生する可能性があります。

成長遅延や臓器異常が赤ちゃんに発生する可能性があります。

赤ちゃんに発生する可能性のある問題;臓器異常(脊椎、心臓など)、発育遅延、糖尿病リスク、出産困難による出生時外傷、新生児期の長期にわたる黄疸、低血糖(血糖値が正常より低い)、低カルシウム血症(カルシウムの過剰な減少血液)、低マグネシウム血症(血液中のマグネシウムのレベルが正常より低い)および新生児の呼吸の問題。

治療にはチームワークが必要です

診断後、血糖値を目標レベルに保つために、妊娠中の母親のために食事療法、運動、薬物治療を計画する必要があります。

糖尿病は全身性疾患であり、体内のすべての臓器に影響を与えるため、妊娠中の母親は、婦人科医と産科医、内分泌学者、栄養士、栄養士を含む学際的なアプローチで綿密にフォローアップする必要があります。

妊娠糖尿病は次の出産で60パーセントの割合で再発することを忘れてはなりません。妊娠糖尿病における将来の糖尿病の割合は26パーセントです。

リスクグループに属していない人は、定期的に血糖値検査を受ける必要があります

妊娠中は糖分負荷テストをスキップしてはならないことを述べ、婦人科および産科スペシャリストOpr。博士Cengizhan Kolata氏は、次のように述べています。「さまざまな理由で検査を受けたくない妊婦は、リスクグループに属していない場合でも、定期的に空腹時血糖検査を受ける必要があります。

妊娠中は、空腹時血糖値が95 ml / dlを超えてはならず、食後血糖値は140 ml / dlを超えてはなりません。 「ヘモグロビンA1c、すなわち糖化ヘモグロビン血液検査(HbA1C)は6パーセントを超えてはなりません」と彼は言います。

最近の投稿